この記事をシェアする!!

  1. ホーム
  2. 特集
  3. 競馬場の魅力を体験してきました!!

実はキレイで楽しい!?競馬場の魅力を体験してきました!!/「おじさんが行くところでしょう?」「汚くてゴミゴミしているんじゃないの?」「札束が舞っている雰囲気で近寄りがたい…」―実際に行ったことはないけれど、競馬場にそんなイメージを持つ人は多いのでは?でも、百聞は一見にしかず!直に見て、体験して、本当にそんな場所なのか確かめよう!そう考えてJRA(日本中央競馬会)にオファーしたところ、特別に中山競馬場へ招待してもらえることになりました。さて、いったいどんな世界が待っているのか、ドキドキワクワクで行ってきま~す!

イベント日 2011/11/20

スライドショー

  • 今日は競馬に挑戦!頑張ってきま~す♪
  • このリンゴ、昨日の夜に収穫して今朝持ってきたんだって。新鮮そのもの!甘くておいしかった~。
  • 「レーシングプログラム」は無料なのに情報量豊富!
  • 船橋法典駅から直結の地下道、ナッキーモール。年末のビッグレース、「有馬記念」の展示もあったよ~。
  • 馬ってこんなにおっきいんだ!ピカピカの毛並みもすごくキレイ~☆
  • 馬って速~い!蹄の音にもワクワクドキドキ☆
  • レースの迫力は想像以上!!
  • レースが終わるごとに、係の人がターフ(芝のコース)をていねいにチェック。馬がケガしないよう管理しているんだね。
  • たとえ100円でも、自分のお金を賭けると真剣になる!
  • 「どの馬を買うの?」考える時間も楽しい!
  • 馬券、買いました!「当てたら何を食べようかなあ」
  • いよいよメインレース!いつの間にかたくさんの観客が…。
  • 「私の馬、頑張れ~!」「俺の馬はダメそうだなあ…」
  • 「そのまま行けば勝てる~」思わずアツくなる!
  • 最後の坂の叩き合い!どんどん順位が変わっていく~!
  • 「ねえ、勝ったんじゃない?」「…やっぱりダメだった…」
  • やったあ!いきなり当たったよ☆
  • 「どうせ俺なんか…マジでヘコむよ」
  • 「ターフィー神社の神様、次に来たときは的中させてください!!!」
  • 競馬ファンはもちろん初心者でも興味が湧くグッズがたくさんそろうターフィーショップ
  • 当たってもハズれても楽しかった!イルミネーション前で記念写メ☆

競馬体験レポート

入場券を購入!/競馬開催日は入場料200円必要

前回の「パークウインズ」体験に続いて、実際に競馬を体験しようと再び中山競馬場へやってきました!この日は「第5回中山競馬」の開幕日。今年の競馬のクライマックスということで、12/25(日)に行われる有馬記念まで、ビッグレースが毎週開催されるのだとか。なお、無料で入場できる「パークウインズ」と違って、競馬開催日は入場料金200円が必要。各門に窓口があるので、入場券は簡単に購入できます。

前に来た時よりも人がいっぱいいる!やっぱり生で見られるのは貴重だもんね~。/そういえば、この間入場料がかからないのが不思議だったんだ。200円ならすんなり払える額だし、実際にレースが見られるんだから安いくらいかも?
東北地方応援イベント!/リンゴなどの名産品も堪能したよ♪

競馬開催日のこの日も、ビンゴ大会などいろいろなイベントが行われていました。その中で注目したのが、東北地方応援イベントです。チャリティオークションや、三陸のお母さんがひとつひとつ作った「浜のミサンガ"環"」の限定販売、そしてさまざまな食品が販売される東北物産展もありました。おじさん、おばさんたちとのふれあいも体験でき、ほんの少しだけ復興に貢献できた気分になりました。

競馬を開催するだけじゃなくて、社会貢献になるイベントもやっているんだね。/試食させてもらった「にんにくせんべい」、クセになる味だ☆
芝生スタンドで観戦!/軽食を食べながらのんびり…。

間近で見た馬がどんなレースをするのか興味が出てきたので、芝生スタンドへ移動。ここは第4コーナーの目の前にあり、最後の坂を登っていく馬の姿が見られます。すぐ近くにキッチンカーがあったので、それぞれ軽食を購入しました。ビニールシートも敷いて、気分はすっかりピクニック!

お店があちこちにあるから、食べ物や飲み物を買うのに困らないね。/芝生でのんびりしながらレースを見られるなんて、贅沢だ~♪/レースが終わると、すぐに係の人がターフに出てきて整備するんだね。/本当だ!こんな光景、今までテレビでは見たことがないよ。馬がちゃんと走れるように多くの人が支えているのがわかるなあ。
馬券を購入!/マークシートに記入して券売機へ

買いたい馬券が決まったら、マークシートに記入して券売機へ行くだけ。マークシートにはレース番号や単勝、馬連などの式別、金額などを記入する必要があります。少し複雑ですが、わからないときは窓口の人が親切に教えてくれるので安心!また、もし記入漏れがあったとしても、券売機の横から係の人がすぐ出てきてくれて、買いたい馬券の記入方法を教えてくれます。なお、馬券はレース出走の2分前まで購入できるので、ギリギリまで迷って買いましたよ!

メインスタンドで観戦/目の前をサラブレッドが駆け抜ける!
蹄の音がすぐ近くで聞こえて、迫力満点!/スタートした!思った以上のスピードで走っていくんだね/いやあ、生のレースは気分の盛り上がりが全然違うよ。よし、いけ!/えっ、あっ、キター!私が買った馬、これだよね。やったあ!!/私も当たったあ!!うわあ、とっても楽しい☆
ターフィー神社でハズレ馬券を供養/馬券を捨てるのはレースが確定してから!

中山競馬場には、ハズレ馬券を供養する「ターフィー神社」という場所があります。ハズした男子二人は、馬券を奉納して次回のリベンジを誓いました。なお、「審議」などで着順が変わる可能性もありますので、レースが確定するまでは馬券を供養しないよう気をつけましょう。

いやあ、ヘコむなあ。すごい真剣に考えたのに…。あと5分検討する時間があればなあ…。/5分あっても変わらないよ(笑)。だいたい、二人とも迷いすぎ!
正門前でイルミネーションも!/夜はしっとりデートも楽しめる

この日、12/3(土)より中山競馬場正門前広場ではクリスマスツリーイルミネーションが点灯。高さ20メートルと、天然のものとしては国内最大級のヒマラヤ杉に華やかなイルミネーションが灯るほか、建物にも色とりどりの電飾が施されていました。これは、12/25(日)までの毎週土日および、12/22(木)、23(祝)に点灯されます。
※<点灯時間>12/18(日)までの土日は16:00~17:00および19:00~21:00、12/22(木)、23(祝)は17:00~21:00、12/24(土)、25(日)は16:00~21:00に点灯されます。

競馬新聞をGET!/無料のレーシングプログラムも配布されているぞ

実際に競馬を体験するということで、特に男子たちはやる気満々!まずは情報収集を、とさっそく競馬新聞を購入していました。競馬新聞は、その名の通り競馬専門紙なので情報量がとにかく豊富!1部400~450円と割高ですが、その日開催されるすべてのレースの情報が載っていますので、予想がしやすいとコアな競馬ファンの支持を集めています。なお、1部120~130円のスポーツ新聞にも競馬欄があり、その手軽さで人気。また、競馬場には無料のレーシングプログラムが置かれているので、お金をかけなくても情報収集することは可能ですよ!

本格的に競馬をするなら、やっぱり競馬新聞を買わなくちゃ。/こうやって新聞を持つと、テンションが上がってくる~(笑)。/でも、無料のレーシングプログラムにも情報がたくさん載っているよ。レースに出る馬や騎手の名前、前の3つのレースでどんな成績だったかもわかるし、私はこれで十分かも。/へえ~、再生紙で作られているんだって。レースの由来なんかも書かれていて、ちょっとした豆知識が得られるのもいいね。
パドックで馬の間近へ/毛並みのきれいさにびっくり!

さあ、競馬場内へ!まずはパドックへ行ってみました。前回は馬が歩いていないためほとんど人がいませんでしたが、この日はすでに多くの人がいます。ちょうどこの時間は、8レースに出走する馬がパドック入りしたばかり(出走時間の30分くらい前が目安だそうです)。目の前をゆっくり歩く馬の姿に、みんなのテンションも上がってきました!

うわー、毛並みがメッチャきれい!馬のにおいがする~。/カワイイ~。よく見るとそれぞれ個性があって、応援したくなってきた!/静かなんだけど、人がたくさんいるせいか熱気を感じるよ。/うーん、馬券を買いたくなってきた(笑)。ちょっと検討してもいい?
レースを予想!/JRAホームページでオッズもチェック

いよいよ実際に馬券を買ってみることに。狙いはメインレースのステイヤーズステークス!1967年(昭和42年)に創設された歴史ある重賞レースで、現在の平地競走の中では最長となる3600メートルで争われます。ステイヤーとは、英語で「耐える者、持ちこたえる者」の意味。その名のとおり、馬にも騎手にも長丁場を耐えぬく持久力が要求されるレースです。競馬新聞やレーシングプログラムで予想すると同時に、オッズ(配当の比率)もチェック。オッズは競馬場内のモニターやターフビジョンに表示されるほか、JRAホームページでも発売開始時刻から約1時間ごとに更新されています。

ユニークな名前の馬もあって、つい買いたくなる~。何を基準に選べばいいんだろう。/オッズの数字が低いほど、人気があるんだよ。つまり、勝つ確率が高いと予想されているんだ。/さすが経験者!詳しいね。気になる馬をチェックして、パドックも見に行こうっと。/それいいね!実際に見ると、もっと応援したくなるし。
最初は単勝、複勝で買うのがおすすめだよ。単勝は1着の馬を予想する買い方で、複勝は選んだ馬が3着までに入れば配当が得られるんだ。/へえ、3着まででもいいの?いろんな楽しみ方があって面白いね。/本当に100円から買えるんだ!もっとすごくお金がかかるかと思っていたけど、これなら手軽にできるね。/うーん、どの馬も良さそうで迷うなあ。でも、こうやって迷えるのが楽しさの一部かもしれないね。

メインレースだけあって、ぐっと観客の数も増えてきました。ゴール板の目の前は人でいっぱい!できるだけその熱気を感じようと、メインスタンドで観戦。レースの10~15分前には、目の前で「返し馬」も行われていました。「返し馬」は、ウォーミングアップのようなもの。観客にどんな馬が走るのか見せるという意味もあり、お客さんのいるスタンド前をさっそうと駆け抜けていく馬の姿は美しく、レースへの興奮を一層高めてくれます。

はあ・・・。あの馬が2着にきていればなあ・・・。/お前はまだいいよ。俺なんかカスリもしなかった・・・。最後の直線の途中でもう完全にダメだったもんなあ・・・。
多彩なグッズがいっぱい!/ターフィーショップでお買い物

馬券をハズしてヘコんでいた男子も気を取り直して、ターフィーショップへ。ターフィーショップは全国のJRAの競馬場にあります。JRAのマスコットキャラクターであるターフィーのぬいぐるみや携帯ストラップなど、競馬に関する多彩なオリジナルグッズがそろっています。中山競馬場にはスタンド地下1階と馬場内投票所の2カ所にあり、限定グッズも多数販売されていますので、ぜひチェックしてみましょう。

ターフィーのぬいぐるみ、カワイイ!耳がエコバッグの持ち手になってるよ。/ファンシーなものだけじゃなくて、カッコいいグッズもいっぱいあるね。思った以上にしっかりしたものばかり~。/有名な馬のグッズもあって、これは競馬ファンなら買いたくなるよ。今度勝ったら買おうっと。/このタオル、負けたときの涙を拭くのにぴったりかも(笑)。
すごーい!本物のクリスマスツリーだ☆/光の雫が落ちるように光るものもあって、ロマンチック♪/競馬も楽しめて、イルミもあって。デートコースにぴったりだ!/この景色を見たら、多少負けても気にならないね…これ、負け惜しみじゃないよ(笑)。

2日間を振り返って

パークウインズと競馬開催日、2日間にわたって競馬場を満喫した4人。どんな感想を持ったのでしょうか?/正直なところ、競馬開催の日になったらもっと汚いと思っていたんだけど、すごくきれいだよね。/今日、最初はちょっと雨が降っていたじゃない?スタンドのベンチとか濡れているんじゃないかと思ったんだけど、全部係の人が拭きとっていて本当にびっくりした。前回も感じたけど、お客さんがくつろげるように最大限の努力をしているのをヒシヒシと感じたよ。/場内もきれいだったよね。トイレもしょっちゅう掃除されていたし、床にゴミも落ちてない!テーマパーク並みのホスピタリティじゃない?/レースごとにコースを整備しているのも発見だったなあ。芝コースなんて、係の人が歩いて荒れた芝を踏んでいたんだよ。馬がきちんと走れるように配慮してるんだよね。/レースといえば、もっと無機質なものだと思ってたけど、馬を引いている人が自分の子どもを見送るような優しい顔をしていたのが印象的だった。みんなで作り上げているんだなあって、あたたかさも感じられたよ。/それに、前回想像していたとおり、臨場感がすごい!蹄の音や馬の息遣いまで聞こえてきて、五感で楽しめた。
パドックが想像以上に良かった。いろんな馬の姿を見ると愛着が湧いてきて「がんばれ」って純粋に思えたよ。本当はギャンブルって少し苦手なんだけど、応援する気持ちになったし、馬券も100円から買えるからちょっとした買い物感覚で楽しめた。/うん、爽やかなギャンブルだよね(笑)。応援したい馬に投資する感覚もあると思う。それに、最後の直線で順位がどんどん入れ替わって、すごいドキドキした♪/叫んでたよね(笑)。ストレス解消になるのも魅力だと思う。だから、競馬はスポーツだと思うんだ。/それは同感。足の筋肉とか見てると、「どんな走りをするんだろう」って思うしね。/あと、イルミネーションもよかったね!昼はテーマパーク、夜はデートコース。大人のための遊び場ってところかな。/あと、イルミネーションもよかったね!昼はテーマパーク、夜はデートコース。大人のための遊び場ってところかな。/ピクニックも楽しめて、ごはんもおいしいし、馬は近くで見られるし、手軽にドキドキできる。一石二鳥どころか、一石三鳥かもね!/おっ、うまくまとめたね。じゃあ今度またみんなで来ようか!実は12/25(日)に有馬記念っていうレースがあってさ…。/いいね!じゃあもっとほかの友だちも誘おうぜ!/またみんなで来よう!