1. ホーム
  2. ニュース

火星の最新記事

2023年、火星は中国語で溢れる可能性??

あのSF的な、壮大で衝撃的なロマンの話題に、続報が入り込んでいる。既にネット上の国内メディアでも紹介されている所もあるが、改めて現地中国の情報をお届けしよう。 「火星に住みたい人、この指止まれ!」――生涯の移住と開拓を覚悟し、火星への渡航プロジェクト…

2013年05月06日 15時00分

その野菜は「火星産」になるかもしれぬ

ある日、主の前に神の使いたちが集まり、サタンも来た。主はサタンに言われた。「お前はどこから来た?」サタンは答えた。「地上を巡回しておりました。ほうぼうと歩き回っていました」――これは旧約聖書『ヨブ記』の一場面。 悪魔でさえ地球からは出なかった様子だ…

2012年12月10日 20時00分

好奇心は生命の証拠を持ち帰ったか?

さあ喜んであなたのパンを食べ、気持ちよくあなたの酒を飲むがよい。あなたの業を神は受け入れていてくださる。どのようなときにも純白の衣を着て、頭には香油を絶やすでない。太陽の下、与えられた虚しい人生の日々、愛する妻と共に楽しく生きるが良い。――これは、『…

2012年12月05日 20時00分

【ネットトレンド】8万人の火星移住の将来構想

米宇宙ベンチャー・スペースX社より、地球から火星に8万人を移住させる将来構想を明らかにした事が日刊スポーツにより報じられている。 火星への費用は1人50万ドル(約4100万円)と見積もられている。最初は10人未満の少人数で移住し、多くの人が自給自足できる移住…

2012年11月29日 11時00分
星に届いた人類の願い、星から届けられた人類の想い

星に届いた人類の願い、星から届けられた人類の想い

(画像はAmazon.comの『Reach for the stars』商品ページより) どうして空への挑戦に限界があるなんて言うんだい? 僕たちは月に足跡を残したじゃないか。 僕たちは宇宙が果てしないことを知っていると言うが 生まれたての子供たちがそんなことを知っていやしな…

2012年08月31日 20時00分

インドは限りない火星へのロマン追求に決定を下した

アメリカ合衆国の国防費は4500億ドル(約53兆円)。これだけの莫大な量の資金が福祉事業に使われれば、この国はよりよい国になるのではないだろうか。 宇宙探索のロマンを担うNASAは、そうした国防費予算に比べ、わずか20分の1以下。更にその一部分が、「火星探査」…

2012年08月18日 17時00分

ニューメキシコ大学!火星のマントルには海ほどの水が

G・JOEⅡはかく語りき 「火星人が地球を侵略してるぅッ!」――1930年代、そんな衝撃のニュースが、アメリカ市民らの家庭に轟いた。これを実況放送という形でラジオで伝えたのは、当時脚本家として活動していたオーソン・ウェルズ。後の名俳優であり、映画監督の男であ…

2012年07月01日 13時00分
【火星からのタマゴX】火星からの隕石からタマゴ出現!-NASAが研究チームを送り込み孵化に挑戦か?

【火星からのタマゴX】火星からの隕石からタマゴ出現!-NASAが研究チームを送り込み孵化に挑戦か?

■火星のタマゴが隕石から出てきた!2012年5月2日、海外サイト「Weekly World News」が昨年地球に落下した隕石から火星のタマゴが出現したと報道した。 image from Mars the Red Planet / jasonb42882 昨年、アメリカ・アリゾナ州に落下した隕石の中から、タマゴ…

2012年05月05日 17時00分
NASAが火星の生命体を発見し、地球に持ち帰っていた!-火星生命体を襲った悲劇

NASAが火星の生命体を発見し、地球に持ち帰っていた!-火星生命体を襲った悲劇

■1976年に火星の生命体を持ち帰っていた!2012年4月16日、海外サイト「Weekly World News」がNASAが1976年に火星の生命体を持ち帰っていたことを先週発表したと報じた。 image from Earth and Mars to scale. / Bluedharma しかし、地球に持ち帰ったときに、その…

2012年04月19日 12時00分

現地時間4日、NASAが火星の液体水存在を発表

地球上には政治や宗教、歴史的要因などから「近くて遠い国」という表現が出来る地域が多数存在するが、これを惑星規模で考えると、「近くて遠い星」は紛れもなく火星という事になるだろう。楕円形の公転を行っている為距離は一定ではないが、地球と最も近づくタイミン…

2011年08月06日 16時00分