1. ホーム
  2. ニュース

東京電力の最新記事

【ネットトレンド】「一企業の努力では対応しきれない」東京電力、賠償や廃炉で国に支援要請

東京電力より、平成年度から2年間の中期経営計画が発表された。 想定されていた5兆円では収まらない可能性が指摘され、政府に費用負担を要請したようだ。 当初、福島第一原発事故での損害賠償や除染、廃炉費用などがもともと考慮されていたが、5兆円規模から倍増…

2012年11月09日 17時00分

【東京電力】政府が公的資金1兆円を投入で実質の国有化

3.11以降、矢面に立たされ続ける東京電力。今月31日、日本国政府は同社に1兆円の公的資金を充てたという。これにより筆頭株主となり、国有化同然との見方が強まった。 今年9月1日から電気料金の値上げがスタートするが、この時期に合わせる形で経営、金銭など複数の…

2012年07月31日 18時00分
ミミズから放射性セシウム2万ベクレル/kg 食物連鎖で蓄積する可能性も

ミミズから放射性セシウム2万ベクレル/kg 食物連鎖で蓄積する可能性も

落ち葉から土壌へ東京電力福島第一原発から放出された放射性セシウムがミミズからも検出された。その量、1キロあたり約2万ベクレル。毎日jpが6日、報じた。 今回の調査は原発から約20キロ離れた福島県川内村で、昨年8月下旬から1か月かけて、独立行政法人・森林総合…

2012年02月07日 12時00分

【東京電力】東京・江戸川区一部地域で停電

東京電力によれば本日17時40分頃から東京・江戸川区の鹿骨地区など一部地域で停電が発生しているとのことだ。 設備によるトラブルが直接の原因と考えられているようだが、停電復旧への見込みは18時44分現在のところ、目処が立っていないようだ。 停電に見舞われ…

2012年01月16日 19時00分
【ネット投票】世界で最もイメージのよくない企業の暫定首位は東京電力

【ネット投票】世界で最もイメージのよくない企業の暫定首位は東京電力

(画像:Public Eye Awards 2012より) 現在、海外WEBサイト上で実施されている「Worst company of the year 2012」。これはオンライン投票により、ネット住民たちが選ぶ最悪の企業を決めようというワールドワイドな企画だ。 今日10日(火)現在、同企画のワースト6…

2012年01月10日 15時00分
今冬の節電意識は?

今冬の節電意識は?

昨夏は東日本大震災の影響があり、日本各地で節電意識が高まった。それではこの冬の節電意識はどうなっているだろうか。ライフメディアリサーチバンクの調査を見てみよう。 調査概要調査対象は10代~60代の日本全国の男女1,351名。まず、昨夏に節電をした人は、「積…

2012年01月10日 11時00分
【速報】14、15日「脱原発世界会議2012」開催 本気で“脱原発”を! 「脱原発世界大行進」も同時開催

【速報】14、15日「脱原発世界会議2012」開催 本気で“脱原発”を! 「脱原発世界大行進」も同時開催

世界中の核被害者の声を日本から来る1月14・15日、横浜にて「脱原発世界会議2012 YOKOHAMA」が開催される。 世界中に衝撃を与えた東京電力・福島第1原発事故。それはいまだ収束せず、多くの人々が放射線にさらされ、政府の支援もなく、避難もできずにおびえる人々も…

2012年01月08日 12時00分

1日より原発事故に伴う節電期間開始、抑制率ぎりぎり~G・JoeⅡはかく語りき~

煩悩の犬は打てども去らず。由来不明の慣用句だが、煩悩という語句から仏教的な思想が背景にあろう。とにかく実際、人間という生き物は良くも悪くも、煩悩の生き物。好奇心によって文化と文明は発展する。そして独占欲によって、文化と文明は堕落する。その煩悩の往復…

2011年12月06日 19時00分

冷温停止・ステップ2完了は年末か、原発技術を振り返る(後編)~G・JoeⅡはかく語りき~

――……(前編のつづき)さて、この発電方法には2点の重大な欠陥がある。第一に、通称「死の灰」が止め処なく蓄積される欠陥。核は分裂後に別の物質も排出させる。「燃料棒」の中には放射性の核分裂成分が溜まり続ける。仮に100万kW時の原子炉を1年間動かすと、一般人の…

2011年10月23日 15時00分

冷温停止・ステップ2完了は年末か、原発技術を振り返る(前編)~G・JoeⅡはかく語りき~

17日午後、東京電力は震災によって生じた福島第1原発事故の処理について、原子炉「冷温停止状態」を目指す「ステップ2」完了時期を早める見解を発表した。ステップ2とは「放射性物質の放出が管理され、放射物量が大幅に抑えられている」工程段階。遅くても来年1月…

2011年10月23日 14時00分
枝野経済産業大臣、東京電力へ改善指導

枝野経済産業大臣、東京電力へ改善指導

枝野大臣と高橋会長との会談2011年9月20日、枝野幸男経済産業相と東北経済連合会の会長で東北電力会長の高橋宏明氏が会談を行った。高橋会長は東日本大震災により大きな被害を受けた福島復興を要望するために経済産業省を訪れていた。 枝野大臣は、2011年度第3次補…

2011年09月22日 13時30分
福島原発「現場」の改善は道半ば

福島原発「現場」の改善は道半ば

東京電力は、福島第一原子力発電所での作業員に対する医療・健康管理を強化したことを発表した。 同所は、これまでも、厚生労働省および文部科学省等の協力により、24時間、医師が常駐する体制が確保されており、加えて、5・6号サービス建屋に、夏場(7~9月)の間…

2011年09月21日 09時00分
【速報】明日から業務開始~原発紛争解決センター 弁護士130人体制で臨む

【速報】明日から業務開始~原発紛争解決センター 弁護士130人体制で臨む

明日から「原子力損害賠償紛争解決センター」業務開始福島原発の賠償問題において、無料で和解を仲介する「原子力損害賠償紛争解決センター」(東京都港区:以下同センター)が、9月1日から業務を開始するにあたり、同センターにて29日、開所式が行われた。 原発賠償…

2011年08月31日 21時00分
【フクシマの住民は被曝】日本政府の原発事故対応について米NYタイムズが報道

【フクシマの住民は被曝】日本政府の原発事故対応について米NYタイムズが報道

事故直後には住民が被曝(ひばく)していた可能性を指摘米ニューヨーク・タイムズ紙が9日付の記事で、東京電力福島第一原発について大きく取り上げている。 紙面によると、福島第一原発の事故では、日本政府が緊急時迅速放射能影響予測ネットワークシステム(SPEEDI…

2011年08月15日 18時00分
【福島原発】メルトダウンの可能性 「12日には認識していた」 保安院長が驚きの発言

【福島原発】メルトダウンの可能性 「12日には認識していた」 保安院長が驚きの発言

震災翌日に「炉心溶融も」との見解が明らかに東京電力福島第1原発の事故から5か月になるのを前に、経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長が10日、記者会見し、震災翌日の3月12日の時点で放射性セシウムを検出していた事実があり、メルトダウン(炉心溶融)に近い…

2011年08月13日 15時00分

節電は今週がピークか、乗り切れ猛暑負けるな北部

"涼風の曲がりくねつて来たりけり"――裏長屋に住んでいた一茶。当時の密集した建築構造から、夏の涼風もくねりくねって、ようやく自分の部屋に到着していたらしい。しかし、涼風があるだけ有難いというもの。今夏の猛暑、そう易々と去ってくれる気配はない。震災後の逼…

2011年08月11日 18時00分
電力需給ひっ迫を携帯でお知らせ<経産省>

電力需給ひっ迫を携帯でお知らせ<経産省>

電力需給ひっ迫お知らせサービスの開始2011年7月19日より経済産業省は、東京電力と東北電力管内において、携帯電話への電力需給ひっ迫お知らせサービスを開始した。 今年の夏は東日本大震災の影響で各地で省エネや節電が行われている。しかし今年も猛暑が予想されて…

2011年07月20日 14時00分
電力会社と株主の間で激しい原発論争か

電力会社と株主の間で激しい原発論争か

原発反対の大規模なデモが発生するなど、原発反対の動きが強さを増している昨今。東京電力や関西電力などの株主の一部も原発からの撤退を求める株主提案が提出されている模様だ。 東電は2011年6月28日、関電は同29日に定時株主総会を開催する。電力各社の取締役会は…

2011年06月13日 12時00分
東京電力株が更なる下落を記録

東京電力株が更なる下落を記録

乱高下の続いている東京電力株。6日も大幅続落という激しい動きを見せる形で取引が始まり、2営業日ぶりに上場来安値を更新している。 4日には12年3月期も大幅な最終赤字になると複数の報道機関が発表されている。また、原発作業員の熱中症や被爆といった否定…

2011年06月07日 18時00分
【東京電力】6月7日以降の4週間分の需給見通しを発表

【東京電力】6月7日以降の4週間分の需給見通しを発表

All Rights Reserved. Copyright© 1995-2011 TEPCO 梅雨明けを前に日中は夏の到来を感じさせる日も増えてきた。半袖でも汗ばむ陽気に思わずエアコンに手を伸ばす人も多いのではないだろうか。 東京電力は2011年6月7日(火)以降の4週間分の需要見通しを発表してい…

2011年06月06日 18時00分
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 次へ