1. ホーム
  2. ニュース

子供の最新記事

【YouTube】子供に強烈なビンタをかまされる女性

【YouTube】子供に強烈なビンタをかまされる女性

(画像:YouTubeより) 声を荒らげて興奮状態の少年、向かい合う母親らしき女性に「目を覚ましてよ!!」と怒鳴りつけては、強烈な平手打ちを何度もお見舞いしているようだ。 周囲の大人たちは彼を止めようとはせずに、傍観しているだけのようだ。当事者のひとりで…

2014年09月03日 13時00分
【YouTube】ワンパン通り魔みたいな不意打ち

【YouTube】ワンパン通り魔みたいな不意打ち

(画像:LiveLeakより) 子供同士のケンカだろうか。捨て台詞のような言葉を残し、その場を後にする黒シャツの少年は、自転車にまたがりどこかへと向かった。 喧嘩別れのような感じで、お互い乖離していったように思えたが、グル~リとハンドルを切ると、180度ター…

2014年07月01日 14時00分
【YouTube】MLB、パツキンのチャンネーがボールキャッチを試みるが・・・

【YouTube】MLB、パツキンのチャンネーがボールキャッチを試みるが・・・

(画像:YouTubeより) ファンサービスで観客席に投げ込まれたボールだったのか、我先にと身を乗り出し、何が何でも白球をキャッチしようというオネエサン。 私はここよ!とばかりに、眼をクワッ!とドン開きさせての猛アピール。ボールは彼女の元へとやって来たか…

2014年06月11日 13時00分
常識を疑おう「デザインあ展」

常識を疑おう「デザインあ展」

21_21 DESIGN SIGHTでは、2013年2月8日から6月2日までの期間、「デザインあ展」を開催している。 この展覧会は、NHKで放送中の教育番組「デザインあ」を、展覧会というかたちに発展させた企画で、テーマは“デザインマインド”。 次代を担う子どもたちの洞察力や創…

2013年05月10日 16時00分

飛行機が遅れた!怒り心頭の親が息子を“捨てた”!?

狂ったように時間に正確な職務を行う日本とは違い、世界のほとんどの場所では時間が狂っている職務を行うものだ。飛行機の遅延は予想の範囲内。そう考えながら、広い心を持たなければならぬ時もある。 昨日29日の午後3時過ぎ、中国武漢市の天河空港の作業員が港内警…

2013年05月03日 16時00分

いざという時、親と子供、どちらを助けるべき?

「カルネアデスの板」という古代ギリシャの逸話がある。船が難破して漂流している男が、一枚の板にしがみついている。この瞬間、目の前で溺れて死にそうな者がいる。しかし、自分の板にしがみつかれた場合、板が沈み、自分まで死ぬ可能性もある。そんな状況下で、あな…

2013年04月30日 21時00分
京樽から可愛い「キキ&ララカップちらし」が登場!

京樽から可愛い「キキ&ララカップちらし」が登場!

株式会社吉野家ホールディングスの子会社、株式会社京樽は、可愛らしい「キキ&ララカップちらし」の第1弾を3月21日、第2弾を4月18日より発売する。 「キキ&ララカップちらし」「キキ&ララカップちらし」は、京樽の新商品「スプーンで食べるカップちらし」シリー…

2013年03月19日 23時00分
子供と料理の微妙な関係、私が想いを込めて作ったのに!?

子供と料理の微妙な関係、私が想いを込めて作ったのに!?

(画像:Crunch a color) 高学歴や高い肩書きを持つ母親に見られがちな一つの傾向だが、「私は完璧な母親を演じるのよ!」と意気込む女性は決して少なくはない。母親は全てを完璧にこなそうとし、その超人的なスタイルに、いつかは疲れを感じてしまうものだ。 …

2013年02月17日 17時00分
【海外:オーストラリア】豪州では「バースデーケーキのロウソクの吹き消し」が禁止になった模様

【海外:オーストラリア】豪州では「バースデーケーキのロウソクの吹き消し」が禁止になった模様

これだけ医療が発達しても猛威をふるいまくる感染症。 最近ではノロウイルスが人々を苦しませている。 そんな世界の現状にオーストラリアは戦々恐々、完璧なる予防対策を模索しているようだ。 その予防対策の一環としてこの度、国立保健医療研究委員会が新ガイド…

2013年02月07日 17時00分

2歳幼児が寝室をロックしてしまい、信じ難い転落死事故へ

《新闻晨报》が25日午後に起きたという奉贤一小区の落下事故の状況を報じた。これは6階建てのマンションの3階部分で起きた事件だった。この事件が起きた自宅に住んでいるお婆さんが取材に応じている。彼女は2歳の幼児と一緒に遊んでいた。 ふとした瞬間に、この幼児…

2013年01月28日 06時00分
ほとんどの親は子供に嘘をつく?

ほとんどの親は子供に嘘をつく?

米カリフォルニア大学サンディエゴ校、中国・浙江師範大学およびカナダ・トロント大学が米国と中国で実施した研究によると、ほとんどの親が子供のお行儀を直すために嘘をついているそうだ。 嘘の種類研究結果は、インターナショナル・ジャーナル・オブ・サイコロジ…

2013年01月25日 12時00分
2歳児の娘に対し、母親がレストランで堂々と……??

2歳児の娘に対し、母親がレストランで堂々と……??

(画像:捜狐新聞) あなたがレストランにいる時、もし後ろの席に座っている子供が、突然、そこでトイレをし始めたら、何を思いますか?――そんな冒頭句で、中国の珍妙なニュースが伝えられている。 この写真はインターネットのミニブログ上に掲載された。なんで…

2013年01月15日 06時00分

【ネットトレンド】携帯・ゲームの影響か 子供の視力低下が止まらない

子供の視力が低下しつつある事が、日本経済新聞により報じられている。 2012年度の学校保健統計調査によれば、視力1.0未満の子供の割合が30.7パーセント、中学生が54.4パーセント、高校生が63.8パーセントを占めるそうだ。 また、メガネやコンタクトレンズを使用…

2012年12月27日 18時00分
【海外:アメリカ】カップルのお別れ報告動画が話題!「別れることになりました♪」(※動画アリ!)

【海外:アメリカ】カップルのお別れ報告動画が話題!「別れることになりました♪」(※動画アリ!)

(画像:New York daily newsより) 「ずっと一緒に・・・」とカップルは常に願う。 しかしある程度の年齢になれば実際にはかなり困難なことだとわかってくる。 大人になるにつれ、お互いに「人生のうちでコレだけは絶対ハズせない」「絶対に続ける!」といった意志…

2012年12月07日 14時00分
悲劇再び!オーストラリアでまたも子供がワニに食べられる

悲劇再び!オーストラリアでまたも子供がワニに食べられる

(画像:Daily Mailより) 先日、オーストラリア・ノーザンテリトリー準州のダーウィンで捕獲されたワニの胃の中から、7歳の女の子の遺体が見つかったという痛ましい事件をお伝えしたが、オーストラリアでまたも、子供がワニに食べられてしまった。 12月1日、同じ…

2012年12月03日 13時00分
地球にはびこる悲しい現実に目を背けてはならない

地球にはびこる悲しい現実に目を背けてはならない

(画像:新聞・大視野) 「全球流浪儿童生存实录」――地球にいるホームレスの子供たちの写真が、中国メディアに紹介されている。フィリピン、インド、パキスタンなどが中心だ。例えばフィリピンの場合、身よりなく街頭で生活をしている児童は8.5万人。そのうち70%が…

2012年12月01日 09時00分
「そんなことしちゃダメ!」おっぱいを堂々と覗く・触る男の子達の写真がかわいいと評判

「そんなことしちゃダメ!」おっぱいを堂々と覗く・触る男の子達の写真がかわいいと評判

(画像:Daily Mailより) 映画『ノッティングヒルの恋人』の中で、ジュリア・ロバーツが、ヒュー・グラントに、 「どうして男はおっぱいに夢中なの?誰にでもあるものなのに。どうして?」 という有名な台詞があるが、その通り、大半の男は、大きくて柔らかいおっ…

2012年11月29日 14時00分

【海外:エジプト】朝のひと時が悲劇の瞬間に変わる

中国上海の地元紙「東方早報」が、エジプトで起きた悲劇のニュースを報じている。この交通事故で、50名の尊い命が失われた。しかもそのうち48名は、子供たちだった。 事件は11月17日の午前8時頃に起きた。当時、通学のバスには、4歳から8歳の児童が乗っていた。彼ら…

2012年11月20日 20時00分

【ネットトレンド】民主・輿石東幹事長「子どもたちが『この国に生まれて良かった』と思う日本にするため、もう一度民主党に政権を下さい」

民主党の輿石東幹事長が、民主党にもう一度政権を与えて欲しい、とRPしたそうだ。 これは、大津市内のホテルで滋賀県連の会合に出席した時に述べられたもので、「子どもたちが『この国に生まれて良かった』という日本につくり変えるために、民主党にもう一度政権を…

2012年11月19日 13時00分

【ネットトレンド】福島の1人が甲状腺検査でがんの疑い「直ちに2次検査必要」

福島県で、1人の子供ががんの疑いがあり、直ちに2次検査が必要、との判定を受けた事が産経ニュースにより報じられた。 これは、東京電力福島第一原発事故による放射線の影響を調べるため、福島県が18歳以下の約36万人を対象に行なっていた甲状腺検査の1次検査で発覚…

2012年11月19日 12時00分
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 次へ