1. ホーム
  2. ニュース

ピカソの最新記事

1億2千万円相当の「ピカソ」の絵画が当たるチャリティくじの販売開始!

1億2千万円相当の「ピカソ」の絵画が当たるチャリティくじの販売開始!

ピカソの絵画を景品とするフランスのチャリティくじ企画「1Picasso For 100Euros(1ピカソ・フォー・100ユーロズ)」の抽選会が、3月30日(月)にパリのクリスティーズで開催される。(画像はプレスリリースより) 「1Picasso For 100Euros(1ピカソ・フォー・100ユ…

2020年02月20日 00時00分
ピカソがみる動物の姿とは - 『博物誌』にもとづく挿絵本の世界

ピカソがみる動物の姿とは - 『博物誌』にもとづく挿絵本の世界

国立西洋美術館では、2013年7月9日から8月25日までの期間に、「ピカソが描いた動物たち―ビュフォン『博物誌』にもとづく挿絵本より」と題した展覧会を開催する。 開館時間は、午前9時30分から午後5時30分までで、毎週金曜日は、午前9時30分から午後8時まで。ただし…

2013年06月07日 15時00分

【海外:コラム】芸術は静かに微笑むだろう、ピカソ盗難事件

『ピカソの絵画』は、静かに微笑んでいるのでしょう。盗人は今、その偉大な芸術を古びたアパートの壁にそっと立てかけ、換金の機会をじっと待ち構えているに違いありません。 「金銭の欲は、すべての悪の根です」と語るのは、新約聖書の『テモテへの手紙 第6章』の…

2012年10月17日 20時00分

赤い肘掛け椅子の女に落書きをしたのは22歳の男

私は自分の出来ないことをしている。そうすれば出来るようになるからだ。――と、20世紀の最も注目すべき画家のひとり、パブロ・ピカソは語っている。象徴的、抽象的な形状で描く「キュビズム」という構成方法で、彼は彼にしか出来ない絵を描き、我々に多くのインスピレ…

2012年06月25日 12時00分

全世界美術品オークション落札金額、中国1位2位独占

●G・JoeⅡはかく語りき 「中国では千年も前から、何もかも全ての方法が決まっているのだ」――筆者の恩師、ロシアの文豪ドストエフスキーが『作家の日記』の中で、そんな事をつぶやいている。 当時の中国皇帝の婚姻式があまりに規律通りの壮大な儀式であった事に舌を…

2012年02月27日 14時00分

まるで『おしゃれ泥棒』?ギリシャ美術館から7分で怪盗

G・JoeⅡはかく語りき 巨匠ウィリアム・ワイラー監督のコミカルな怪盗映画『おしゃれ泥棒』は、『ローマの休日』でお馴染みのオードリー・ヘプバーン、『アラビアのロレンス』でお馴染みのピーター・オトゥールが共演した、実に愉快な作品である。 彼らはとある事情…

2012年01月11日 09時00分
元電気工が多数所有。ピカソの未公開作品

元電気工が多数所有。ピカソの未公開作品

ピカソが昔住んでいた南仏の自宅に警報装置を取り付けたりした、元電気工のピエール・ルゲネック氏がピカソの未公開作など271点を所有している事が判った。 *フランスの田舎家 譲渡か窃盗か?事の発端は、ルゲネック氏が、ピカソの遺産管理をしている息子のクロー…

2010年12月01日 20時00分
まぬけな泥棒たち

まぬけな泥棒たち

韓国で面白いニュースを発見泥棒はどこの国でもいるし、まぬけな泥棒もどの国でもいるものだ。 せっかく盗んだが・・・韓国ソウルで、偽物のピカソの絵を本物と思って盗んだ疑い(特殊窃盗)で、3人組のうちの2人が拘束された。逃げた主犯の容疑者は指名手配された。 …

2010年04月23日 21時00分