1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:スポーツ】「ちくしょう!」で悪態をついたサッカー選手に出場停止!
日刊テラフォーニュース

【海外:スポーツ】「ちくしょう!」で悪態をついたサッカー選手に出場停止!

2014年12月23日 17時00分 日刊テラフォー

イエス・キリストの名の下に、清く正しいフェアプレーを心掛けるウェストミッドランド・クリスチャン・リーグのサッカーの試合で、「ちくしょう!」という汚い言葉を使った選手が、ルール違反で退場となった。
(画像:Mirror)
もちろん誰でも汚い言葉は使うべきではないが、審判が自分にとって理不尽だと思う判定を下した時、スポーツ選手たちが汚い言葉で悪態をつくのは日常的によく見受けられる。
だが、ウェストミッドランド・クリスチャン・リーグでは、それは致命的となる。
ランス・ペリー選手は、先週の試合で受けた警告により、次回の試合には出場することができなくなった。
ウェストミッドランド・クリスチャン・リーグでは、『汚い言葉ゼロ』のポリシーを掲げている。
ペリー選手は、先週の試合中に相手選手との衝突があった時、「ちくしょう!」という悪態をついてしまい、それが運悪く審判の耳に入った。
審判は、ペリー選手に対して直ちにレッドカードを与えた。

確かに汚い言葉遣いは良くないが、悪態をついただけでレッドカードが出たことに、選手だけでなく管理スタッフも驚いた。
リーグには確かに『汚い言葉0』のポリシーがありますが、時として審判はそれを変に解釈してしまうようです。レッドカードが出た時は、信じられませんでした。」
と、ペリー選手の所属チームの幹部は述べている。
複数の抗議を受け、ペリー選手がついた悪態は審判へ向けてのものではなかったと断定したフットボール協会は、ペリー選手へのレッドカードを取り消した。
【記事:りょーこ】
参照元:Mirror
関連記事
【海外:スポーツ】ハットトリックを決め恋人に喜びのキスをした選手が即退場処分に
【海外:イギリス】フーリガン・おばあちゃんにレッドカード!3ヶ月試合会場への出入り禁止!!
【海外:スポーツ】所属選手はメッシ、ベッカム、ペレにマラドーナ!最強チームがイギリスに出現!