1. ホーム
  2. ニュース
  3. 自らのお金で、専用エレベーターを取り付けて話題に!?
日刊テラフォーニュース

自らのお金で、専用エレベーターを取り付けて話題に!?

2013年06月17日 16時00分 日刊テラフォー

(画像:新浪网)

昨日14日、ある中国ネットユーザーがミニブログで、とあるニュースを広めた。エレベーターの話題である。
「河南省新密市内の、7階マンションで、ある住民が自ら20万元(約300万円)を出して、専用エレベーターを買ったらしいぞ!」――というコメントである。
「専用エレベーター」という豪勢な話題に対して、インターネットユーザーも興味津々。それぞれが、思い思いのコメントを飛び交わせている。
「凄い金持ちだよね」
「こんなにお金を持っているのなら、別荘を買うほうがいいじゃない。地方ならそれぐらいで十分な別荘を買えるわ。」
「エレベーターを取り付けた上は、同マンションの住民にも乗らせてあげないと。さもないと、自分勝手すぎだよ。」
......などなど。
大河網・大河報の記者が昨日の夕方6時頃、このマンションを訪ね、取材を行った。確かにエレベーターは写真にあった鳥、7階マンションの横側に取り付けられている。
担当不動産屋の韓さんによると、エレベーターは住民の李さん一家の専用物として、去年10月の時、付けたのだという。李さんは炭鉱で働いている。暮らし向きは結構良いらしい。
もちろん、彼は取り付ける前に、不動産に意見を求めた。マンションの横に付けるなら、他の住民には影響しないだというという判断で、不動産側は承認を与えたという。
今回の主人公となった李さんが取材に応じ、このように説明している。
「年を取って、6階までの階段を上るのがきつくなってきました。ちょうど、昨年の時、社長が車を褒賞してくれると言ったので、社長に車の変わりにエレベーターを取り付けて貰ったんですよ。全部では20万元余が掛かりました。」と。
また、「自分専用」となってしまった理由については、次のように説明している。
「取り付ける前に、同マンションの住民に一緒に出資して、一緒に使用しないか、と提案したのですが、6階以下の住民が必要ないと返事をしました。そういう訳で、このエレベーターは我が家の専用物となったのです。」
経済が良くなってきた中国市民達は、自分の住居環境を改善させるには色んな工夫をしているものだ。
【記事:Bonnie_晨】
参考元:新浪网                                      
【関連記事リンク】
老人ホームの入居待ち期間は100年!急加速する中国の高齢化に老人施設が追いつかない!!
史上最強の女子集団体操---中国・丹東
雪も寒さも関係ないわい、雪原チェスの軍配はどちらに