1. ホーム
  2. ニュース
  3. デジタル音楽に強いスピーカーセパレート型コンポ2製品がSONYから
FineNews Todayニュース

デジタル音楽に強いスピーカーセパレート型コンポ2製品がSONYから

2013年06月14日 10時00分 FineNews Today


ソニー株式会社は、CDやFM/AMラジオに加え、ウォークマン、Androidデバイス、iOSデバイスの音楽を楽しめるマルチコネクトコンポ『CMT-SBT300W』と『CMT-SBT100』を、2013年7月6日に発売する。
NFCとBluetoothを標準装備

今回発売となる2製品は、いずれもレイアウトの自由度が高いスピーカーセパレート型のコンポだ。原音を忠実に再現するデジタルアンプ「S-Master」を搭載するなど、音質にこだわった設計が成されている。
製品にはウォークマンを接続することができる専用スタンドが付属するほか、iPod/iPhone/iPadを充電しながら音楽再生が行えるUSB端子も用意される。また、Bluetoothによるワイヤレス再生も可能だ。
NFC機能を使用すれば対応デバイスを本体にかざすだけでBluetoothの設定・接続が行える。また、aptXならびにAACコーデックもサポートされており、さらなる高品位サウンドにも対応する。
上位機種となる『CMT-SBT300W』では、スピーカーがアップグレードされているほか、Wi-Fi対応、有線LAN対応、DLNA対応、専用アプリによるリモートコントロール、AirPlayおよびWindows8の「Play to」対応といった機能が用意されている。
本体サイズは、W290mm×H106mm×D221mmで、重量は約2.7kgだ。なお、価格はオープンだが、市場想定価格は『CMT-SBT300W』が40,000円前後、『CMT-SBT100』が30,000円前後となっている。
Editor's eyes

さまざまなデジタル音楽ソースに対応した新世代のステレオコンポだ。サイズもコンパクトで設置場所を限定しない。手軽な再生と高音質を両立したい欲張りなユーザにお勧めのアイテムである。
▼外部リンク
ソニー株式会社
リリース