1. ホーム
  2. ニュース
  3. 「盗聴器がある!」中国仏山市の異常殺人事件
日刊テラフォーニュース

「盗聴器がある!」中国仏山市の異常殺人事件

2013年03月08日 11時00分 日刊テラフォー

中国仏山市南海区で、不可解な無差別殺人事件が発生した。殺人を犯した犯人は江という人物。彼は小刀を手に、露店の親子を刺し殺した罪で起訴されている。その原因は、「盗聴器」という思い込みだった。

その凶行が起きたのは、2012年9月16日夜8時の事だった。市内のある市場に位置する露店の洋服屋では、父と息子の二人が働いていた。息子はまだ小さく、5歳だったという。江容疑者はここで洋服を購入した。その際、ラジオの音を耳にして、「盗聴器がある!俺の音声を録音している!」と憤慨したのだという。そして、その悲劇が繰り広げられた。
もともと、この男は精神病院に入院している人物であり、この日は午後5時に外出許可が出ていたのだという。仏山市第三人民病院の法医学者は精神病鑑定を行い、結果としてこの人物に刑事責任の能力がないとの決定を下したという。
法律の限界を見たような気がする。我々は事前に、こうした殺人事件を防げないものか?そして起きてしまった後も、果たして公平な裁きを行うことが出来るのか?
【記事:J・JOEⅡ】
参考元:捜狐新聞
【関連記事リンク】
老人ホームの入居待ち期間は100年!急加速する中国の高齢化に老人施設が追いつかない!!
史上最強の女子集団体操---中国・丹東
雪も寒さも関係ないわい、雪原チェスの軍配はどちらに