1. ホーム
  2. ニュース
  3. 春節期間に「彼氏のレンタル」は如何?1時間30元で
日刊テラフォーニュース

春節期間に「彼氏のレンタル」は如何?1時間30元で

2013年02月26日 17時00分 日刊テラフォー

現代中国では、人間が考え付く、ありとあらゆる商売が現実にあるものである。既に24日に終了した中国の旧正月(春節)の期間では、市民らが必ず故郷へと帰る習慣がある。結婚適齢期の若者たちは、親たちを安心させる為、恋人と一緒に帰省することも珍しくはない。しかし、彼氏、彼女がいなかったら?その時は、「恋人レンタル」のサービスがあるのだ。
インターネットで2月上旬、「彼氏レンタル」というサービスが登場して、大きな話題を誘った。これまで「彼女レンタル」サービスは公に認知されていたのだが、その男性版は始めただ。このサービスの利用者は、実家の家族が娘の独り身を心配して、干渉が強くなるのを避ける目的で彼氏をレンタルする。
「祖男友」と呼ばれるこのサービスは、ネット上の大手ショッピングサイト「タオバオ」で検索すると、5000件以上もの欄がヒットする。平均的なレンタル料は、1時間30元(約400円)。家族とのショッピングや簡単な世間話が、そのサービスの内容だ。もちろん、サービス内容が複雑になればなるほどその値段も上がり、1日600元(約8000円)の高額なものもある。
ただし、このサービスには件も付けられている。「一緒に寝ない」「墓参りにはいかない」「仏壇を拝まない」など、あくまでビジネス上の関係を示す規則がずらりと並んでいる。こうした「彼氏」を自ら提供する人々は、ネットショップなどを経営している、比較的時間に余裕の取れる人々なのだそうだ。彼らはアルバイトという形で、彼氏を演じるのだという。
社会倫理にそぐわない可能性もあるが、弁護士によると、法的には問題が見当たらないのだとか。雇う側、雇われる側とが、実際に会って、身分証明書などの持参により契約を行うとのこと。中国法律は、この商売を取り締まるものが、現時点ではないようである。
【記事:jiejie】
参考元:新浪網
【関連記事リンク】
老人ホームの入居待ち期間は100年!急加速する中国の高齢化に老人施設が追いつかない!!
史上最強の女子集団体操---中国・丹東
雪も寒さも関係ないわい、雪原チェスの軍配はどちらに