1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【2ch勢い】PCが発火して火傷を負ってもなお、ネットに没頭した男性が死亡
日刊テラフォーニュース

【2ch勢い】PCが発火して火傷を負ってもなお、ネットに没頭した男性が死亡

2013年02月26日 13時00分 日刊テラフォー

(画像はイメージです。)
オンラインゲームにどっぷりとハマり、没頭し続けた結果、死亡するというニュースは、ごく稀にだが耳にすることができる。けして頻度の高いニュースではないが、ネット上では意外に浸透しているため、「またか」といった反応を観測することができる。
東アジアは台湾から、PC関連のニュースが寄せられているようだ。現地メディアによれば、今月までにパソコンの電源コードが失火元と見られる小火があったという。パソコン周辺やベッドなどを焼いたほか、この家に住む50代の男性がふくらはぎに火傷を負ったという。数日後、この男性は死亡したという。
同居していた両親によれば、男性は外出することはなく、ほとんど自室にこもっては、パソコンと向き合って過ごしていたという。火傷に関しては塗り薬で済まそうとしていたという。
・ひきこもりの鑑だな
・ファイヤーウォールが発動したんだな
・無茶しやがって・・・
・すげえ根性だな俺は病院いくよ
・日本のゆとり世代のヒッキーにはこういう根性が足りない
・自宅警備員二階級特進

警察の見解では男性は火傷による敗血症(血液中に細菌が増殖し中毒症状などを引き起こす)を引き起こしていた可能性が高いという。男性は焼けたパソコンを自分で修理し、意識を失うまでインターネット上をさまよい、死に至ったようだ。
【記事:猫またぎ】
参考元:Techinsight » 【アジア発! Breaking News】引きこもりの男性、重傷負いながらもネットを続け死亡。(台湾)
関連記事
・【Googleトレンド】益若つばさ「BIGBANGに肩を抱かれた嫌だった」でTwitter炎上
・【2ch勢い】成田空港で機内にプリンを持ち込もうとした中国人が逮捕
・【SNEP】人間関係が希薄で無職、未婚、在学中ではない20~59歳に新たな呼び名