1. ホーム
  2. ニュース
  3. こんなはずでは…香港への観光客がバス中でぐったり
日刊テラフォーニュース

こんなはずでは…香港への観光客がバス中でぐったり

2013年02月18日 13時00分 日刊テラフォー

(画像:東方早報)
中国の春節の長い休暇の期間、海南、香港など、中国南部の沿海都市を訪れる観光客が激増した。これらの人気観光地はもとより、休暇に入ると観光客が爆発的に膨れ上がるもの。しかしそれにしても、今回の激増ぶりは香港側も対応しきれず、ホテルは満員パンク状態。その結果、なんと中国観光客は大型バスに夜を明かさなければならない始末となってしまったという。
12日の晩、香港から列車で1時間程度に位置する深センから、ひとつの旅行団が香港にたどり着いた。この旅行ツアーを担当するワールドコム社では、この日、30数名のツアー客がいたにも関わらず、数室しかホテルを確保することが出来なかった。仕方なく、彼らのうちの20数人が、ホテルで夜を明かす羽目になってしまったのだという。他、同社の別ツアーでは1室の確保も出来ず、幾つかは深センへ逆戻りし、そこで宿を取ることになったらしい。
香港を代表する観光スポット、ディズニーランドでも混乱が生じている。同日、ここには4万人を超える観光客が一気に押し寄せた。ディズニー側はこの事態に急遽対応し、12時半頃から入場券の販売を停止。16時半から、ようやくチケット販売を再開したのだという。
香港特区政府は今回のような混乱について、15日付で、問題解決に当たるよう声明を発表している。特区政府の保安局局長の黎棟国氏は、今後、特区政府は香港訪問客の受け入れ能力の再検討を行うべきだとの指針を語った。
中型の連休ですら、このような凝縮した人々の移動が発生する事は当然だ。そしてその結果、機関にも個人にも、多くの予想外の問題が生じるものだ。前回の労働節では、中国西部で観光用のラクダが次々に「過労死」するような騒動も発生した。ましてや、今回は大型連休である。これに関しては各地の政府側が、事前に対応しておくべき事態ではないだろうか?
【記事:jiejie】
参考元:東方早報
【関連記事リンク】
老人ホームの入居待ち期間は100年!急加速する中国の高齢化に老人施設が追いつかない!!
史上最強の女子集団体操---中国・丹東
雪も寒さも関係ないわい、雪原チェスの軍配はどちらに