1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:アメリカ】裁判官を怒らせるとこうなる!(※動画アリ)
日刊テラフォーニュース

【海外:アメリカ】裁判官を怒らせるとこうなる!(※動画アリ)

2013年02月07日 15時00分 日刊テラフォー

(画像:The Telegraphより)
アメリカの法廷。様々なドラマが展開される「劇場」なわけだが、ここでアメリカ・マイアミの18歳の少女の裁判が行われた。
ペネロペ・ソト(18)被告は薬物の違法所持で逮捕・起訴されていた。
この裁判では量刑が決まるので大事な時だ。裁判官の印象をよくすることは絶対だ。
・・・にも関わらず、最初っから不必要な媚を売るような笑顔、手は「ねー、おねがーい」のようなポーズ、だるそうな声で返答する姿は優しそうな、高橋是清似のホルヘ・ロドリゲス・チョマット裁判官をイラつかせたようだ。
しかし裁判官は「子供だな」と大人の余裕をもって笑顔で裁判を続行した。
「君の持っている宝石はいくらくらいなんだね?」とロドリゲス・チョマット裁判官はソト被告に優しく尋ねる。
罰金を算定する際の基準にするためだ。
裁判官はこんな大事な時でもへらへらしているソト被告に「ここはクラブじゃないんだ。真剣に答えなさい」と叱る。
そしてやれやれ、と罰金5000ドルを言い渡した。
「それでは、さようなら」と裁判官が切り上げると、ソト被告、「アディオス!(スペイン語でさようならの意)」とおちゃらけたではないか。
これ、裁判官と被告の名前からしてお互いにスペイン系である可能性が高いのであるが、だからといってフレンドリーに接していいなどということはない。
Teenager giving judge the finger lands her in jail


今までの態度にキレたロドリゲス・チョマット裁判官は「ちょっと戻りなさい」と呼び止め、
「さっきの2倍、1万ドルに変更」
と罰金を増額変更したのだ。
「はあ??本気で言ってるの?」とキレたソト被告に
「ああ、本気だよ。アディオス!(じゃあな!)」と返す裁判官。
するとソト被告がやってはいけないジェスチャー(○ァック系)を裁判官にやってしまったのだ。
それを見た裁判官、「あと、加えて30日間刑務所行き」と言い渡し、法廷を侮辱した小娘を成敗。
裁判官を怒らせるとこうなるといういい例であった。
【記事:猫姫】
参照元:The Telegraph
【関連記事リンク】
【海外:ロシア】裁判中に爆睡・携帯いじりをしていた裁判官、被告人に下した判決は禁固5年
一匹のネコを巡って繰り広げられた愛憎劇。老女と一組の家族が法廷で大激突!
【海外:イギリス】判決は、掃除と皿洗いの刑!10代の少年に下された粋な判決