1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【ネットトレンド】東京都、2020年夏季五輪に1300億円、10会場新設・増改築を計画
日刊テラフォーニュース

【ネットトレンド】東京都、2020年夏季五輪に1300億円、10会場新設・増改築を計画

2013年01月11日 14時00分 日刊テラフォー

東京都が五輪に1300億円、10会場新設・増改築を計画している事が日本経済新聞により報じられた。
これは、招致委員会が8日に発表したもので、2020年夏季五輪がもし開催される場合、競技場の新設に1300億円を投じるのだと言う。
計画によれば、水泳やバレーボール、バドミントンの競技施設など10会場を都が東京湾岸地域を中心に1300億円を投じて新設・増改築を行うとの事で、さらに猪瀬直樹知事は8日の記者会見で、都が積み立ててきた開催準備基金約4000億円を競技会場の新設にあてたい、との意向を示されているそうだ。
これによるまとめサイトなどの反応

「この知事から全く知性を感じない」
「五輪招致はいい事だとマジで思ってる。」
「都知事選はロクな候補者いなかったな」
「東京に招致とか終わってるだろ?こんなゴミゴミした街でなにをするんだよwww」
「地方どころか途上国に譲ってやれよ」
五輪の東京招致に対し、懸念や反対の声が多く寄せられているようだ。
五輪招致について、どのようなメリットとデメリットが考えられるだろう…?
【記事:フェイトちゃん】
参考元:日本経済新聞
【関連記事リンク】
【ネットトレンド】小惑星アポフィス、2036年に地球衝突の恐れ
【ネットトレンド】北京五輪代表の三沢樹知さん、薬物違反で3ヶ月の資格停止処分
オリンピック効果ゼロ!?今夏のイギリスの訪問客数、2003年以来最低の数字を記録