1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】「大人になったね」。『HEY!HEY!HEY!』の思い出語る華原朋美に松本人志が感心。
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】「大人になったね」。『HEY!HEY!HEY!』の思い出語る華原朋美に松本人志が感心。

2012年12月18日 14時00分 Techinsight

12月5日に『2012 FNS歌謡祭』で5年半ぶりの復帰を果たした華原朋美だが、12月17日に生放送された『HEY!HEY!HEY!』の最終回へ駆けつけることは叶わなかった。その代わりに彼女はVTR収録でメッセージを送り、ダウンタウンの2人との思い出を語った。 彼女は「お久しぶりです。たくさんの思い出があり過ぎて、終わってしまうのが本当にさみしい…。18年間お疲れ様でした」と番組終了を惜しむ気持ちを伝えると、出演時の裏話を明かしたのだ。まだ、1996年~1998年頃のことだ。華原朋美が動物好きということから毎回、馬や象やラクダに乗って登場する企画が続いた。 「動物を借りるのは大金がかかると分かっていたので、これだけのために『もったいないな』と思っていた」と彼女は明かす。心の中ではそう思いつつも、スタッフには笑顔で応じていたのだ。当時の華原朋美といえば天然なところも人気だったが、実は周囲に合わせようと苦心していたようである。 そんな華原朋美が「本番前に見せる浜田さんや松本さんの顔が好きでした」と話すと、ダウンタウンの2人も意外そうにしていた。 浜田雅功の楽屋を訪れた彼女が「私、辛いんです!」と弱音を吐いたことがある。浜田はその時、「オマエなっ! そうやってな辛いことを重ねてって大人になるんや! ガンバレっ!」と励ましてくれたのだ。「浜田さんはきっと忘れられていると思いますけど…」と彼女は感謝していた。 一方で「松本さんは基本的に私のことを相手にしてくださらない」と本音を明かす。しかし、「スタジオに入ってくるときに、自信に溢れて輝いていた。『大御所って違うな』と思っていた」と松本人志の大きさを当時から感じていたのだ。 『HEY!HEY!HEY!』の思い出を語った華原朋美は「今度もう一度やる時には、是非呼んでください。その時には松本さんに“人間として”相手にしてもらえるように成長していたいです」と番組復活の期待を込めた。 彼女からのメッセージを聞き終えた松本人志は、「なんか、大人になりましたねっ! あんなにちゃんとしたコメントが言えるようになったんですね」と成長した華原朋美に感心していた。 当時は象やラクダに乗ってはしゃいでいた華原朋美も38歳となる。松本の頭にある“朋ちゃん”時代の彼女からはいろいろなことがあった。芸能活動の長期休業を経て復帰した彼女がまた、ダウンタウンと共演できる日も来るだろう。 (TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事

FNS歌謡祭で石川ひとみと“まちぶせ”を歌った柏木由紀。
大事MANブラザーズバンドやGAOも熱唱! “FNSタ歌謡祭”。
小室哲哉が“神がかり”的な曲作りを明かす。
「TOKIOが自由過ぎ」。KinKi Kidsも緊張する“FNS歌謡祭”。
「天才・松本人志のお笑い」。ノブコブとバイきんぐが解き明かす。