1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:アメリカ】「まだだめ!!」先にクライマックスを迎えた男が、怒り狂った彼女に殺されかける
日刊テラフォーニュース

【海外:アメリカ】「まだだめ!!」先にクライマックスを迎えた男が、怒り狂った彼女に殺されかける

2012年11月29日 11時00分 日刊テラフォー

アメリカで、オーガズムを早く迎えすぎたという理由で、男性がガールフレンドに暴行される、という事件が起こった。
(画像:Huffington Postより)
報告によると、ラケル・ゴンザレス容疑者(24)は、自分はまだオーガズムに達していないのに、ボーイフレンドのエスリック・ダヴィスさん(30)が先に果ててしまったことに腹を立て、彼に暴行を加え、逮捕された
月曜日の午後、フロリダ州のマナティカントリーで、カップルはセックスを楽しんでいた。被害者のダヴィスさんが、代理人に語ったところによると、彼がクライマックスを迎えた後、ゴンザレス容疑者は怒り出し、彼を引っかいたり殴ったりし始めた
これにより、ダヴィスさんは、目と鼻付近に引っかき傷ができた。
また、ゴンザレス容疑者は昔からこうした問題行動があり、しょっちゅう、ダヴィスさんに怒りを爆発させていたようだ。
逮捕されたゴンザレス容疑者は、家庭内暴行致死罪に問われている。捜査には非協力的で、喧嘩腰だと、警察は報告している。
男女共に感じる性の営みは重要だ、と最近はよく言われるが、先にクライマックスを迎えただけで、殺されかけるのでは、セックスも命がけだ。
さらに今年フロリダ州で起こった、セックス絡みの暴力事件はこれが始めてではないというから、恐ろしい。
9月には、走る車の中でセックスをしていたところ、女性が男性に向かって引き金を引いた。彼らは、心中をしようとしていたのか、そういうプレイが好きだったのかは不明だ。
やはり、夜の生活も、昼の生活と同様に、相手への思いやりが必要だ。
【記事:りょーこ】
参照元:Huffington Post
【関連記事リンク】
【海外:ドイツ】ドイツの弁護士、「E85」の谷間で窒息死寸前になる!
【海外:スウェーデン】骸骨と寝る女、現る!!
【海外:イギリス】「高校教師」現実版!イケメン数学教師と生徒が駆け落ち!(今現在も行方不明)