1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【ネットトレンド】関電、電気料金 家庭値上げ11.88パーセント、企業向け19.23パーセント申請へ
日刊テラフォーニュース

【ネットトレンド】関電、電気料金 家庭値上げ11.88パーセント、企業向け19.23パーセント申請へ

2012年11月28日 12時00分 日刊テラフォー

関西電力より26日、家庭向けの電気料金値上げが政府へ申請された。
家庭向けで平均11.88パーセント、認可がいらない企業向けの値上げ幅は平均19.23パーセントで、ともに2013年4月実施を目指すとの事だ。
値上げの原因は、原発停止の長期化や、代替の火力発電に使う燃料費が急増し経済を圧迫している部分とされている。
料金を原価から見直す抜本的な値上げは、1980年以来33年ぶりとなるようだ。
その他、九州電力も27日に値上げを申請したようだ。
これによる2ちゃんねるの反応

「盗電より値上げ幅高いってどういうことだよ。」
「従来通りに利益を換算する為、消費者へ負担させる思考」
「関西電力の人件費を同じくらい下げろよ。」
「なんで1200億以下の赤字でそんなに上げなくちゃならんの? と思ったら原発停止による損益が2500億だとよww」
値上げ幅の高さについて、議論を呼んでいるようだ。平均11.88パーセントの値上げ。生活が困難となる方も出てくる事が予想される。
【記事:フェイトちゃん】
参考元:エキサイトニュース
【関連記事リンク】
【ネットトレンド】初音ミク、宮沢賢治さんの世界演出 
【ネットトレンド】東電が100万キロワットの融通を緊急要請 予想外の寒さに
【ネットトレンド】関西電力、一般社員の給与を削減か 年収の1割~2割