1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:イギリス】あわてんぼうのサンタクロース、クリスマス前にやって来て、ひげで宙吊りになる
日刊テラフォーニュース

【海外:イギリス】あわてんぼうのサンタクロース、クリスマス前にやって来て、ひげで宙吊りになる

2012年11月21日 16時00分 日刊テラフォー

(画像:Metro UKより)
今週月曜に、イングランド南部バークシャーにある都市レディングのショッピングモールに、文字通り、あわてんぼうのサンタクロースがクリスマス前にやって来た。そして、煙突を覗いて落っこちるはずが、自慢のひげをロープに引っかけて、40分間も宙吊りになってしまった
「みんな、サンタに『ハロー』って言おう!ホゥ、ホゥ、ホゥ、ハロー、サンタさ~ん!」
モールのクリスマスイルミネーションの点灯式に集まったたくさんの子供達は、サンタの登場を今か今かと待ち構えている中、ショーの司会者が、そう、子供達に促した。
いつもならここで、サンタクロースに扮したスティーブ・チェッセルさん(32)が登場し、セットの煙突を伝って、子供達の前に現れる。
だが・・・
「オーノー、サンタのあごひげが、ロープに引っかかってない?サンタさん、今日はずっとそこにいるつもり?確かに、そこはイルミネーションが最高に良く見える場所だよ。」
なんと、サンタのトレードマークであるひげがロープに引っかかり、彼は宙吊り状態になってしまったのだ
サンタさんは、高い場所から全員の顔を見て、誰がいい子だったか確かめたいみたいだ。だから、サンタさんは、僕らを手伝って、イルミネーションのスイッチを押すことはできないね。
司会者のナイスフォローで、サンタさんの悲惨な姿を見ても、怯えたり泣き出したりする子供はおらず、むしろ皆、サンタさんの予想外の展開に大笑いしていた。
Santa gets stuck, becomes a decoration and gets a close shave


そしてサンタさんは、同僚が助けに来てくれるまでの40分間、笑顔でサンタさんを演じ続けた。
モールの責任者は、この彼のプロフェッショナルな行いを賞賛している。
「彼は、自分でひげをロープから外して、下に落ちることも出来たかもしれない。だが彼は、プロのサンタとして、子供達が笑うのを止めさせたくなかったんだ。」
このアクシデントの原因は、サンタが天井の穴からロープを伝って降りてくる際に、突然の衝撃があり、足場を失ったサンタは、その拍子に、ロープの留め具にひげを巻き込まれてしまったことだった。
宙吊り状態では、仕方がないから踊ることが出来なかったサンタさんは、代わりに笑い、最後はきっと、「も一度来るよ」と言って帰ったのだろう。『あわてんぼうのサンタクロース』の歌の通り、まさに、愉快なおひげのおじいさんだ。
クリスマスの日は、忘れちゃダメだよ、おもちゃ!
【記事:りょーこ】
参照元:Metro UK
【関連記事リンク】
【海外:イギリス】「真っ赤なお鼻のトナカイさん」のお肉、クリスマスディナーに大人気←「やめてー!!」
【ネットトレンド】店内にクリスマスの音楽を流し苦情殺到「まだ早い」カナダ
『キリストは泣き、オシッコをし、世界を救います』クリスマスの本当の意味を啓蒙するために作られた難解なポスター