1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:中国】そのエレベーターは本当に安全かなぁ?
日刊テラフォーニュース

【海外:中国】そのエレベーターは本当に安全かなぁ?

2012年11月05日 12時00分 日刊テラフォー

中国のエレベーター事故、増加の恐れ――老朽化や点検費用削減で、生活の安全が置き去りにされている。中国当局は警告を示しているようだ。
高層建築物の建設ラッシュが続く中国で、建物の老朽化に伴い、エレベーター事故が急増する懸念が高まっている。これを受けて中国国家品質監督検査検疫総局はこのほど、「エレベーターや関連業界に対する安全上の懸念が高まり、監督圧力が増している」との見解を示した。
中国は世界最大のエレベーター製造国だ。統計によると、年間20%のペースでエレベーターが増加しており、今日も尚、どこかで新しいエレベーターが設置されている最中である。
2011年末時点で201万台に達するエレベーターのうち、死亡事故発生率は1万台=0.2人。この数字は先進国とほぼ同程度だというが、今後、メンテナンスをせず使い続けられた場合、10年以上経過した老朽エレベーターに問題が発生する可能性が指摘されている。
2011年の中国のエレベーター事故件数は57件、うち死者数は42人。業界関係者によると、北京では事故の80%近くがメンテナンス不足を原因にしたものだったという。北京では13万台超のエレベーターに、メンテナンス技師5万人という数字。一部では点検内容よりも、「書類の通過」を目的とした格安業者もいるのだという。
高層マンション、高層ビルで蠢く人々の血管の安全性を、確保して欲しい。命は金よりも重要視すべきである。
【記事:jiejie】
参考元:道客巴巴
【記事関連リンク】
【竹島】韓国国会議員15人、竹島に上陸
【韓国】国会の軍事や外交機密情報が流出 議員事務所にハッキングか
【海外:中国】わぁ仰天長嘆!!中国式の「送り迎え」とは