1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:アメリカ】英オックスフォード大卒の元大手広告代理店女性社長がなんと「AVレンタル業」で独立!
日刊テラフォーニュース

【海外:アメリカ】英オックスフォード大卒の元大手広告代理店女性社長がなんと「AVレンタル業」で独立!

2012年10月16日 19時00分 日刊テラフォー

昨今の日本では名門大卒・大手大企業の重役経験者が独立し、ビッグビジネスを立ち上げて成功させる事例が多々ある。そしてその中には女性もちらほら。
しかし、シンディー・ギャロップさんほどの変わり種もいないのではなかろうか。
(画像:dailymailより)
シンディー・ギャロップさん、52歳。イギリスのオックスフォード大学を卒業して大手広告代理店に入社、社長にまでのぼりつめたハイパーキャリアウーマンだ。
そんな彼女が会社を辞めて独立し、立ち上げたビジネスはなんと「AVレンタル業」なのだ!
しかも普通のAVではない。出演しているのはAV俳優ではなく、一般の人々なのだ。そう、「ごく普通の、一般カップルのセックス」がおさめられた映像をレンタルするビジネスなのだ
「今巷に出回っているポルノでの描写に危惧感を持っている」と語るシンディーさん。
日本でもそうだが、大体のAVは女性から見て「ありえない」演出だったり、暴力的だったりと、女性差別につながる表現がわんさかある。こうしたAVを見続けていては子供にも、大人のカップルにも悪影響だと考えた彼女は、ごく普通のカップルが愛し合ってするセックスがおさめられたAVのレンタルをビジネスにしようと考えたのだ。
「だって本当の、現実でのセックスを見たほうがいいでしょう」と力説するシンディーさん。彼女のビジネスの先にあるものは性教育→男女の関係性の改善→社会貢献なのだ!
ところで、ポルノを見始める年齢は平均で11歳頃だといわれ、中には8歳ごろから見ている子供もいる。そんな多感な時期にハード過ぎるAVを見るのは問題だ。この時期に偏った考えを持ってしまう可能性がある。
こうした性教育の充実を考える学校の教師からすでにいくつか問い合わせがあるんだそうだ。
まあ、確かに巷に流通しているAVなど決して見せられるものではない。
そんな珍ビジネスを立ち上げたシンディーさんだが、これ、儲かるのだろうか?
なんと意外や意外、立ち上げから6週間で7万6000人が会員に!
シンディーさんの運営するMakeLoveNotPorn.comの姉妹サイトでも毎日3000人が閲覧しにくるのだそうだ。
(画像:dailymailより)
「愛のあるリアルAV」のレンタル料は一本5ドル。(明朗会計!)この5ドルのうち半分は利益に、残り半分は「愛あるセックスを提供してくれたカップル」に行くことになる。
「ああ、こんな一見過激なやり方に見えるけど、でも軌道に乗らせるって、本当にすごいなー」なんて感心してしまうが・・・この「提供」してくれるカップルをどうやって見つけるのだろうか?登録制?顔出しなの?年齢制限はあるの?ゲイのためのAVもあるの?・・・・・など構造がどうなっているのが不思議な点も多々あるのも確かだ。
このMakeLoveNotPorn.comはアメリカ・ニューヨークに拠点がある。多少英語で連絡ができる人ならばその話題のAVをレンタルできるかも!?
【記事:猫姫】
参照元:Daily Mail
【関連記事リンク】
【東京】けが人装いわいせつ「アダルトビデオを見て思いついた」
【ネットトレンド】女児への犯罪多発の理由 「玩具扱い」
【海外:アメリカ】ロサンゼルスのポルノ業界、梅毒蔓延の危機!?で一時活動ストップに
▼外部リンク
MakeLoveNotPorn.com