1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【とある企業の面接録】面接編「制御装置製造会社(その2)」
日刊テラフォーニュース

【とある企業の面接録】面接編「制御装置製造会社(その2)」

2012年10月05日 23時00分 日刊テラフォー

●就職活動戦記!

この記事内容は事実にほぼ基づいた一個人の就職活動という名の戦いの記録である。
※プロフィールはこちら
●今回の戦いの場!

前回までのお話はこちら。
面接に行く企業の概要
・大型機械等の自動制御装置製造を主業務としている会社。
・会社規模は従業員1,280名くらい(グループ会社含む)。
・応募職種は経理職(税務関係中心)

何とか面接の時間ギリギリ(午後7時)に会場まで到着いたしました。
清水サーシャ(以下、清水)「漸く辿り着きました…。」
ちなみに面接会場は駅から20分くらい離れた本社で行われます。この時点で通勤時間に関して少々難ありとは考えてはいます。
※もちろん最終的に何処かしらの会社に採用になる事が目標なのですが、通勤時間が長いというのはあまり良い要素とは言えません。
面接会場に入ると最初に会社説明が行われ、そこで2次面接は明後日行われる(一次面接の結果は明日発表)と初めて聞かされました。
清水の心の声「結構進行が早いですね!」
※一般的に一次面接の結果は1週間くらいは見る必要があるのですが、ここまで展開が早いというのは珍しいです。
●適性検査!

実は一次面接の前に「適性検査」がありました。この適性検査とは筆記試験の一種なのですが、性格診断的な内容が多分に含まれています。前回WEB上で行われたサーバー管理会社の適性検査と基本的な内容は同じでした。
それもあって対策は立てていたので、ある程度は納得の出来る回答は出来たと思いました。
※余談ですが、面接交通費(1,000円)が支給になりました。ちなみに面接に行くと交通費が貰える場合はたまにありますが、基本的にはあまり期待しない方が良いです。裏技としてはアルバイトの求人情報で「面接交通費支給!」と書いてある所を面接に行き、日銭を稼ぐという方法もあります。特にハローワークの就職活動の実績にもなりますし、現金が増えるチャンスでもあるのでテクニックとしては良いのかもしれません。
●一次面接

一次面接では次のような事を聞かれました。
・今までの職歴、退職理由。
退職理由については転職面接のときには殆ど毎回出る質問です。今回は「不況と会社の合併消滅のため給与が3割減となったため」と答えましたが、回答としてはあまり上手く無かったかもしれません。というのも給与が低いから退職したと取られる可能性があるためです。合わせて希望年収についての質問も出ましたが、希望年収を高く言い過ぎた可能性があります。
・税務関係の手続きで苦労した事、税務申告書作成、税効果会計、減損会計、退職給付会計についての質問
→これらは税務関係の専門知識や実務経験を問う内容だったと思われます。ここで重要な事は「実務経験がある事を上手く表現した回答をする」となると考えられます。特に税務申告書作成では作成手順を専門用語を交えて回答すると効果的な感じはします。
・何か質問はありますか?
→これもほぼ毎回どんな会社でもある質問内容です。ここで行うべき質問は決まっているわけでは無いと思われますが、自己PRあたりを入れておくのが良いかもしれません。今回は「税務関係以外に何を担当するのでしょうか?」「連結会計も担当するのでしょうか?」の2つを質問しています。
●結果は

面接はある程度の手ごたえがあったように感じましたが結果は不採用。恐らく履歴書の志望動機について非上場会社で上場の予定は無いのに「上場準備業務に関心がある」と書いてあったのはマイナスだったような気はします。
※逆に考えれば次回以降の応募で履歴書の志望動機を修正する必要があることが判明したのは良かったかもしれません。
いずれにしても企業面接は「採用か不採用か」の結果は2種類しかないので、今回の失敗を反省し次回への勝利に結び付けたいと思いました。
本日の教訓「失敗した要因を分析をし、次回への勝利を導け!」

【ライター:清水サーシャ】
【関連記事リンク】
【とある企業の面接録】面接編「制御装置製造会社(その1)」
【とある企業の面接録】面接編「(IT系)サーバー管理会社」
【とある資格の挑戦状】「宅地建物取扱主任者試験」(入門編その1)
▼外部リンク
リクナビNEXT
enジャパン
宅地建物取引主任者資格試験申込関係HP
LEC 宅地建物取引主任者試験講座
平成24年度 貸金業務取扱主任者資格試験の受験申込の受付開始について
日本商工会議所簿記検定試験解答速報