1. ホーム
  2. ニュース
  3. DXアンテナがD端子でハイビジョンが楽しめるデジタルチューナーを発売
スポットライトニュース

DXアンテナがD端子でハイビジョンが楽しめるデジタルチューナーを発売

2010年07月05日 11時00分 スポットライト


DXアンテナ株式会社は、設置も利用も手軽でコンパクトな地上・BS・110度CSデジタルハイビジョンチューナー『DIR3100』を発売した。
D端子で接続すればハイビジョンにも対応
『DIR3100』は、地上・BS・110度CSのデジタル放送を受信できる外付けのチューナーだ。従来のアナログ放送用テレビで、デジタル放送を楽しむことができる製品である。さらに、本製品にはD3/D4映像出力端子が装備されており、同端子が搭載されたテレビに接続すれば、ハイビジョンを楽しむことができるのだ。
また、デジタル放送ならではの電子番組表(EPG)にも対応しており、8日分の番組表をテレビ画面で簡単に確認することができる。この他、地上デジタル放送のCATVパススルー、字幕放送にも対応している。ただし、データ放送と双方向サービスは非対応となっているので注意が必要だ。
本体サイズはH30mm×W180mm×D138mmとコンパクトに仕上げられている。同社の従来機「DIR-401」と比較し、サイズでは83.3%も小さく、消費電力は約43%も低減されているという。なお、価格はオープンとなっている。
Editor's eyes
デジタル放送に非対応のテレビであっても、年式の浅いものはまだまだ使える可能性がある。テレビの裏面にD3/D4映像入力端子が装備されているなら、本製品の導入を考えてみてはいかがだろうか。本製品なら、D端子接続でハイビジョン映像を楽しむことができるのだ。
▼外部リンク
DXアンテナ株式会社
リリース