1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外:NIKE】最高にイカしてるはずのナイキTシャツにまさかの大批判!「もっと言葉を選べよ」
日刊テラフォーニュース

【海外:NIKE】最高にイカしてるはずのナイキTシャツにまさかの大批判!「もっと言葉を選べよ」

2012年08月17日 20時00分 日刊テラフォー

世界一有名なスポーツウエアだと言ってもいいブランド。NIKE。
その製品の優秀さもさることながら、ブランドイメージ、流すCM、広告も抜群のセンスの良さを感じさせるものだ。
しかしその先を見越したセンスの良さが裏目にでてしまうこともあるようだ。
先日無事閉幕したロンドンオリンピックでナイキが女子の金メダリストを讃えてデザインした新Tシャツが
「Gold Digging」
と書かれたデザインであることで批判をあびているという。
なぜなのか?
実はこの「gold」と「dig(掘る)」と合わせたスラング(俗語)には「男から金を搾り取る女」という意味があるのだ!
ナイキ側としては「女性アスリートは大活躍しているんだ!金メダル(天下を)を獲りに行こうぜ!」という意味でこの言葉を採用したのだろうが、なにせ、このデザインのTシャツ、男性サイズはない、ということで、更に「本当はアノ意味では・・・」という疑いの目を向けられてしまったのだ。
これに対し、ナイキ側は「ナイキはずっと女性アスリートを応援・サポートしてきました。そのような意味で使ったわけではありません」とコメント。
「もうちょっと言葉を選んでデザインしてほしい」との批判が殺到しているが、ネットでは「これ、欲しい!」「かっこいいじゃん!」などという声もある。
通販ではよく売れているようだ。
【記事:猫姫】
参照元:STYLE BLAZER
【関連記事リンク】
【ロンドン五輪】日本はメダル最多の38個、解団式が行われる
【Googleトレンド】卓球女子・平野が室伏広治の選挙活動違反を暴露?
【ロンドン五輪】あどけない笑顔がかわいい15歳、祖国初の金メダリスト!