1. ホーム
  2. ニュース
  3. 世界中でカヴァーされるX-JAPANの名曲群
オトさがニュース

世界中でカヴァーされるX-JAPANの名曲群

2012年05月28日 10時00分 オトさが

マダム・タッソー蝋人形館にてYOSHIKIワックスフィギアお披露目

5月26日(土)、香港市内ピーク・タワーにある等身大ワックスフィギュア展示アトラクション「マダム・タッソー蝋人形館」にてYOSHIKIのワックスフィギアお披露目会見が行われた。YOSHIKI本人もスペシャルゲストとして香港に渡り登壇。現地では多くのファンが結集しYOSHIKIに歓声を送っていた。YOSHIKIは広東語で「我愛您!/I Love You!」と挨拶。会見終盤には、自分のフィギュアにアイライナーを引くサービスを見せ、その様子はツイッターでも呟かれていた。
Haha, putting makeup on my doll in Hong Kong, life is strange!香港で自分の人形にメイクアップする日がくるとは.. 人生って不思議だ。。

I saw some of our fans today, X japan has the best fans in the world! Thank you! 正直、少し人生に疲れてた。久しぶりにファンのみんなに元気をもらった..!

現地、香港のファンとの暖かい歓迎と交流にYOSHIKIの疲れた心も癒された様だ。
YOSHIKIは、今月3日に来日。故HIDEのお墓参りの為に日本に訪れた。その後はアーティスト同士の交流を深めたり、フェイスブックや漫画『ワンピース』を楽しんだりと、久々の日本での生活をエンジョイしている様子が窺える。ここ数日の行動を軽く足取りを追ってみよう。10日、レディ・ガガのライヴを観覧。11日、今話題の金爆ことゴールデンボンバーのライヴを観覧。メンバーと開演前に記念写真撮影。その後、SUGIZOと合流。12日、L'Arc-en-Cielのライヴを観覧。開演前にお弁当を食べたりとリラックスした姿がファンに目撃されている。15日、京都滞在。16日、ToshIとの会食。18日、HEATH・PATAと呑み。GACKTが合流。20日、大使館パーティーに参加。26日、香港へ。EXILEATSUSHIとカラオケを楽しむ。その後、マダム・タッソー蝋人形館にスペシャルゲストとして登場した。
世界中でカヴァーされるX-JAPANの名曲群

5日のツイートでは、様々な国のアーティストによるX-JAPANのカヴァー楽曲を取上げていたYOSHIKI。最近では、若い世代のバンドにカヴァーされる事も多くなったX-JAPAN。その現象を見ても、今や新世代のバンド、特にネオヴィジュアル系バンドからはレジェンドとして尊敬の対象となっている事は間違い無いであろう。この機会に、一度世界中でカヴァーされているX-JAPANの楽曲を纏めてみよう。

海外アーティストによるカヴァー
・Blue Blood/Auvernia (アルゼンチンのメタルコア系)
・紅/SHAMAN (ブラジルのメロディックスピードメタル)
・Rusty Nail/Dragonland (スウェーデンのメロディックスピードメタル)
・I'll Kill You/Anorexia Nervosa (フランスのシンフォニックブラック)
・Silent Jealousy/Cellador (日本人メンバーを含む米国バンド)
・Silent Jealousy/Load (オーストラリアのメロディックメタル)
・Tears/TRAX (YOSHIKIプロデュース韓国バンド)

日本人アーティストによるカヴァー
・Endless Rain/小野正利
・Say Anything(trance mix)/globe
・Endless Rain/中村あゆみ
・紅/摩天楼オペラ
・X/インザーギ(メガマソ)ギタリストとしてSyu(Galneryus)が参加
・Forever Love/インザーギ(メガマソ)
・Forever Love/アヲイ
・Forever Love/日之内エミ

ライヴでのカヴァー
・Rusty Nail/Changmin(東方神起)
・WEEK END X/GACKT
・MISCAST/DIR EN GREY
・SADISTIC DESIRE/CUTT
・紅/高見沢俊彦
・Rusty Nail/石川梨華
・EndlessRain/Guns N' Roses (リチャードのギターソロ内にて)
・Silent Jealousy/Sonata Arctica (フィンランドのメロディックスピードメタル)
その他、インディーズやアマチュアを含めると凄まじい数のカヴァー数が存在しているので割愛させていただきます。
(画像は公式サイトより)
世界中からリスペクトを受けているX-JAPAN。既に現代のネット社会、音楽の世界では人種は関係無くなってきているのかもしれない。今後も様々なアーティストにカヴァーされ、X-JAPANの名曲達は後世に受け継がれて行く事であろう。こういった外部からの刺激がYOSHIKIX-JAPAN本体にもポジティヴな影響を与える事は間違い無い。今後、リリースが予定されている楽曲やニューアルバム。そして、ワールドツアーにも期待せざるを得ない。
▼外部リンク
X JAPAN 公式サイト(ワールドワイド)
X JAPAN 公式サイト(日本)
YOSHIKI 公式サイト