1. ホーム
  2. ニュース
  3. それはあなたの仕事ではないのでは・・・河本さん騒動
日刊テラフォーニュース

それはあなたの仕事ではないのでは・・・河本さん騒動

2012年05月26日 12時00分 日刊テラフォー

G・JOEⅡはかく語りき

『クレーマー』。日本国内には、こういう不可思議な新人類が出現するようになりました。我々は宗教的束縛や伝統的観念による束縛などから解放されて自由になり、かつ、金銭的にも多少の余裕のある者は、どんどん時間をもてあますようになりました。ラ・ブルエーリュの言葉ではありませんが、時間の使い方の下手な者は、すぐに不満を口にし始めるのです。
さて25日、お笑いコンビ・次長課長の河本準一さんが、東京・新宿の吉本興業本社で母親の生活保護費受給問題についての会見を行いました。週刊誌情報に端を発したこの件は、河本さんの謝罪、そして今後の保護手当て一部返済という事で、どうやら一件落着と相成りそうです。
ところで……今回の騒動の真の火付け役は、週刊誌ではありません。新聞やテレビのニュース記者や編集者でもなければ、不特定多数のネットユーザーでもありません。国会議員の方なのです。彼らはツイッターという現代の武器を振りかざして、弾劾を開始しました。
正義の血が騒いでしまったのでしょう。まぁ、確かに「不正受給」は制度的にも倫理的にも良しとはされない。ある程度の報いというものが必要です。しかし、いやいや、それは本当に、『あなた方』の仕事ではないのです。私たちは『あなた方』に期待しています。『国を良くすること』を。あなた方に期待していのは個人への裁きではなくって、その裁きの方法の創設や、あるいは裁かずとも安定する国家の建設です。
週刊誌を読み、あるいは伝え聞いて、憤慨して、パソコンかスマートフォンを操作して、ツイッターのサイトを開いて、文字を入力し、確認して、投稿するだけの時間があった、あなた方。お二人は随分と、時間の使い方が上手く、国民の為の激務に命をすり減らしながらも、尚、お笑い芸人の家族のことを気にするだけの余裕があるようです。
もし、大した仕事もしていないにも関わらず、私たちの税金から、年間2160万円、ついでに「文書通信交通滞在費」という名目で年間1200万円の特別手当を受給している人がいるのなら……それこそ「不正受給」なのでは?
ねぇ、そもそも通信システムが発展した21世紀現在、『通信費』という名目が通りますか?私は毎日スカイプで上海から日本国内の家族に電話をしていますが、これ、月額500円ですよ。交通費や滞在費とて、月に100万円、1日3万3千円使える計算です。どれだけ、贅沢するつもりですか。
強きを助け、弱きを挫くッ!日本人はお上に対して寛容な民族だなァと、私は思ったわけですが……どうでしょう、諸賢はどのような感想をお持ちで?
【記事:G・JOEⅡ】