1. ホーム
  2. ニュース
  3. イギリスは消費税20%へ 公的債務削減へ
スポットライトニュース

イギリスは消費税20%へ 公的債務削減へ

2010年06月23日 09時20分 スポットライト

消費税率20%
産経ニュースは23日「オズボーン英財務相は22日の演説で、前労働党政権がまとめた2010年度(10年4月~11年3月)予算に代わる緊急予算案を発表した。第2次大戦後、最悪規模に膨らんだ公的債務を減らすため、11年1月4日から日本の消費税に当たる付加価値税の標準税率を現在の17・5%から20%に引き上げる。」と報じている。

先月は同じ欧州でギリシャ公的債務危機が勃発したばかり。日本でも菅総理の下で消費税論議が盛んになってなっている。
ギリシャの公的債務危機を見て世界の公的債務の多い国々が一斉に増税政策に走れば世界経済に急ブレーキがかかる可能性も否定できない。
そうした事態になれば今度は「消費税ショック」ともいえる市場の急落が起こるかもしれない。
今後は投資先を検討する際に投資先の国が公的債務がGDPに比して大きいのかどうかをよく確認する必要がありそうだ。

▼外部リンク
産経ニュース