1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【新生活応援コラム】新しい街での暮らしを助けてくれるアプリとは
コラム編集者ニュース
【新生活応援コラム】新しい街での暮らしを助けてくれるアプリとは

【新生活応援コラム】新しい街での暮らしを助けてくれるアプリとは

-0001年11月30日 00時00分 コラム編集者

ここ数年、一気にユーザーが増えてきたスマートフォン。中でも絶大な人気を誇っているのがiPhoneです。
今や社会人や主婦はもちろん、学生にとっても欠かせない存在となりつつあるiPhone。そのアプリの中でも、学生生活を助けてくれるものをピックアップしてご紹介します。

まずは「AroundMe」 大学入学と同時に初めての街にやって来る人は少なくないと思いますが、最初のうちはその街の周辺にどんな施設があるのかよくわからないもの。そんな時「AroundMe」を使えば、自分の周辺に何があるのか一目瞭然です。
例えば食事をしたい時は、「レストラン」をタップすれば、自分のいる地点を中心とした地図上に、あらゆるレストランを表示。目的地までの距離や住所も表示されるため、道に迷う心配もありません。ほかにも「スーパーマーケット」「タクシー」「映画館」「病院」など、エンターテイメントから暮らしに欠かせない施設まで表示が可能です。「駐車場」「ガソリンスタンド」も探せるため、ドライブに行った時にも大活躍するでしょう。
また来たいと思ったら「お気に入り」に登録しておけば次の機会にも簡単に場所を探し出すことができます。

「AroundMe」と似た機能をラーメン屋さん探しに特化したのが「Ramen Map」とにかく学生時代はお腹が空くものですが、そんな時に「Ramen Map」を使えば、自分の周辺にあるラーメン屋さんをズラリと表示してくれます。
こちらも住所が表示されるので道に迷う心配はありませんし、お店の電話番号や営業時間、定休日なども表示されるため、「行ったら休みだった」なんていうこともありません(一部、表示されない場合もあります)。ユーザーレビューも見られるため、隠れた名店を見つけるのにも役立つでしょう。

上京したての人にぜひオススメしたいのが、「東京バス案内」都内の交通手段といえば電車や地下鉄がメイン。しかし、「距離的には近いのに、電車だと何本も乗り継がなきゃいけない」というケースが意外に多いのも事実。そんな時に、バスはもっとも有効な交通手段です。この「東京バス案内」は、「出発地」と「目的地」を入力することで最適なバスの路線を教えてくれるもの。
これを使うことで、意外な近道ルートを発見することができます。前述のように電車を何本も乗り継ぐことで時間も電車代もかかるところを、バス1本なら210円であとは目的地に着くのを待つだけ。ふだん通らない道を通ることも多いため、電車生活では知ることのできなかったお店などを見つけることもできるでしょう。
新しい街に来た当初は、知らないことも多く迷ったりすることもあるかもしれません。でも、知れば知るほど自分にプラスになるとともに、その街がもっと好きになるものです。

アプリを有効に活用して、有意義な学生生活を送ってください。