1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【新生活応援コラム】新歓コンパの注意点(男性編)
コラム編集者ニュース
【新生活応援コラム】新歓コンパの注意点(男性編)

【新生活応援コラム】新歓コンパの注意点(男性編)

-0001年11月30日 00時00分 コラム編集者

大学生活を有意義に過ごす為の大切な要素に、学業とは別に友人達と過ごす時間があります。
特に地方から単身だれも知り合いのいない方にとっては、期待と不安の混じる学生生活、そこから一気に抜け出せるお勧めの行事が大学のサークルを筆頭に行われる新入生歓迎会!通称“新歓コンパ”です。

新歓コンパで友人や恋人を見つければ少なくとも最初の不安感は消え去り、多少学業やバイトがキツいとしても、それ以上に充実した学生生活を送れる可能性が一気にあがります。
新歓コンパそのものは、新入生の入ってくる春には毎年あるものですが、迎えられる側となるのは一回きりですので、是非このチャンスをものにしてください。ここでは、そんな新歓コンパにありがちな失敗例など、新歓コンパでの注意点を挙げます。是非参考にしてください。

気をつけるべきポイントは大きく分けて2つ。
自分にあった場所を選ぶ!
自分を必要以上に大きく見せない!

まず一つ目、「自分にあった場所を選ぶ!」これは、特に大きな大学に多いのですが、例えばあなた中学校や高校、サッカーをやっていたとして、大学でもサッカーをやりたい!そう思った時に、真っ先に目についたサッカー部に入る。
これは中学校や高校では普通のことですが、大学ではあまりお勧めできません。というのも、特に大きな大学では通っている人数も多く、それにより部活やサークルの数も数多く存在します。
特に野球やサッカーのようなある程度人気のあるスポーツは、同じ大学内に、部活やサークルがいくつもあるという場合がほとんどです。
となると、自分のサッカーをしたいという願望の次に、どのくらいの情熱でしたいのか(学生生活の中心にしたいのか?それとも学業やバイトなどの次なのかなど…)により選択が変わってくるのです。
中にはなんとなく入ったところが強豪で、昔ながらの体育会系気質が抜けてない部活のため、怖い先輩の勢いに押され、学生生活を謳歌するはずが、気付けば上級生になるまでこき使われ、自分が上級生になった時には、優秀な新入生が入ってなんとなく居づらくなってしまって、学生時代を全然楽しめなかった…なんて悲惨な話もありますからね。

次は「自分を必要以上に大きく見せない!」これは特に地方出身者に多いのですが、必要以上にモテた、イケてた、更には不良だったなど、意味のないウソで自分を大きく見せる効果は逆効果だということを覚えておきましょう。
そういった意味のないウソは多くの場合すぐボロが出て居場所がなくなる可能性があります。最初は都会的でスタイリッシュに見える先輩も、実は入学時は地味で田舎臭かったなんてことはよくある話、今の自分をさらけ出しそれを受け入れてくれる環境を探したほうがよっぽと居心地の良い学生生活を送れますよ。
多くの人にとって一生に一度の大学生活、学業に励むと共に、その学生生活を十分に謳歌してください。