1. ホーム
  2. ニュース
  3. スマホ通信速度!一番早いのはどこのなに?
カデンイノチニュース

スマホ通信速度!一番早いのはどこのなに?

2012年02月20日 12時00分 カデンイノチ

2011年下期スマートフォン電波状況実測調査
クロス・マーケティング株式会社は、ICT総研の「2011年下期スマートフォン電波状況実測調査」の販売を開始。携帯キャリア4社のAndroid端末・iPhoneの計6機種を対象にデータ通信速度などを調査したものだ。
調査内容は、首都圏28地点、東海・関西26地点、東北18地点の全72測定地点にてデータ通信速度を測定。調査期間は2011年10月19~23日の9~17時とし、測定結果は平均値を採用。
端末は、NTTドコモ「MEDIAS WPN-06C」、KDDI(au)「iPhone 4S」、au「Xperia acro」、ソフトバンクモバイル「iPhone 4S」「003P」、イー・モバイル「S41HW」の主要機6機種。1種あたり合計1080回測定した結果は、2011年5月の前回調査に比べ、通信速度が向上したことがデータから明らかになった。これは キャリア各社のインフラ品質強化、新型端末のスペック向上、高速通信サービスの導入などの努力の結果だ。
各エリアでの測定結果はこれだ!
首都圏の下りで最も早かったのは、KDDI(au)のAndroid端末が最速1.10Mbps。2位はソフトバンクモバイルのiPhone 4Sで1.06Mbps。東海・関西は、下り1.48Mbps、上り1.11Mbpsで、イー・モバイルが下り・上りともに1位を獲得。東北は、下りがauのAndroid端末が最速で1.27Mbps。上りはイー・モバイルが最速で0.90Mbpsという結果がでた。
ソフトバンク対auでiPhone 4Sの速度を比較したところ、ソフトバンク版が圧倒的に速かったが、実測では大差ないことが判明した。東北では、au版が下り1.03Mbps、上り0.63Mbpsで、ソフトバンク版の下り0.68Mbps、上り0.38Mbpsを上回る結果となった。
▼外部リンク
クロス・マーケティング
http://www.cross-m.co.jp/