1. ホーム
  2. ニュース
  3. オールドメディアのデジタル化に最適な『デジ造音楽版 匠』がプリンストンから
オトさがニュース

オールドメディアのデジタル化に最適な『デジ造音楽版 匠』がプリンストンから

2012年01月23日 10時00分 オトさが


プリンストンテクノロジー株式会社は、レコードやカセットテープの音楽を簡単にデジタル化できるUSBオーディオキャプチャーユニット『デジ造音楽版 匠』(型番:PCA-ACUP2)を、2012年1月下旬に発売する。
高機能編集ソフトも同梱
『デジ造音楽版 匠』は、レコードやカセットテープ、MDなどの音源を取り込み、MP3やWMAなどのデジタルフォーマットに変換できる、PC用のUSBオーディオキャプチャーユニットだ。
製品には、高機能編集ソフトウェア「DigiOnSound6 L.E. for Princeton」が同梱される。本ソフトでは、無音検出による自動曲分割やフェードイン・フェードアウトの追加など高度な編集が可能だ。
また、新たに搭載された「かんたんエフェクト」機能により、「遅聞き・早聞き」機能や、音源の音量レベルをそろえる「ノーマライズ」機能など、よく使用する機能をすぐに呼び出すことができる。
もちろん、デジタル化したデータは、PCやデジタルオーディオプレーヤーなどでの再生が可能だ。
キャプチャーユニットには、RCA端子および3.5mmステレオミニプラグ、2つの入力端子が用意されており、機器に応じて使い分けることができる。
なお、価格はオープンだが、同社の直販サイトでは4,480円(税込)で販売される。

Editor's eyes
本製品にレコードプレーヤーやラジカセを接続し、USBプラグをPCに接続すればハード的なセットアップは完了する。後は、音楽を再生して取り込むだけで良いのだ。オールドメディアに保存されている音楽を活かしたいと考えるユーザに最適な製品である。
▼外部リンク
プリンストンテクノロジー株式会社
詳細ページ