1. ホーム
  2. ニュース
  3. 来年のヒット第1位は「スカイツリー下町観光」
ResearchNewsニュース

来年のヒット第1位は「スカイツリー下町観光」

2011年11月05日 21時00分 ResearchNews

日経トレンディ」が「2012年ヒット予測ランキング」を発表
月刊誌「日経トレンディ」は11月4日2012年のヒット予測ランキングを発表した。
それによると、最もヒットすると予測されているのが「スカイツリー下町観光」。ヒット予測のキーワードは、「脱巣ごもり」と「定番×新技術」だった。
スカイツリーで外国人観光客を呼び戻す?
日本政府観光局が発表した資料によると、今年1月~9月に日本を訪れた外国人観光客の数は、4,479,900人だった。6,600,699人が訪れた2010年の同期間に比べ、32.1%減となった。
東日本大震災と、それにともなう福島第一原発事故の影響が大きい。加えて史上最高にまで高騰してしまった円高のため、日本観光のコストが大幅に上がってしまったことも影響している。
そんな中、来年5月22日からいよいよ観光客の受け入れを始める東京スカイツリーは、東京観光、日本観光の目玉になるものと期待されている。
浅草寺で有名な浅草や下町の風情が色濃く残る本所深川なども徒歩圏内。国内外からスカイツリーを訪れた観光客が下町観光に流れる、というのが「日経トレンディ」の予想だ。
定番×新技術は「ゲーム機連動ARトレカ」
2位以下のランキングは下記のようになる。定番×新技術で注目されるのが「ゲーム機連動ARトレカ」だ。
人気の高いトレーディングカードゲームとゲーム機を連動させ、新たな顧客層を呼び込もうというもの。
5位の10万円全録レコーダーも同様のコンセプトでくくれる。テレビ番組を録画する機器は定番だが、新技術で放送されているすべてのテレビ番組の録画を可能にした商品だ。
ノーマル画質なら1週間以上にわたって、全番組を録画できるという。
▼外部リンク
◆東京スカイツリー
http://www.tokyo-skytree.jp/