1. ホーム
  2. ニュース
  3. アナログレコード/カセットテープをCD-RにダビングできるCDレコーダーが発売に
チェッカーズ!ニュース

アナログレコード/カセットテープをCD-RにダビングできるCDレコーダーが発売に

2011年10月21日 10時00分 チェッカーズ!


ティアック株式会社は、ターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダー『LP-R550USB』を、2011年11月上旬に発売する。
オールドメディアをしっかりとサポート
『LP-R550USB』は、アナログレコードやカセットテープの音源を、音楽用CD-R/RWにダビングできるターンテーブル/カセットプレーヤー付CDレコーダーだ。パネル表記は日本語になっており、誰でも簡単に使いこなすことができるのだ。
ターンテーブルは、33/45/78回転に対応し、SP盤専用交換針を使用することで忠実なSP盤再生が可能となる。また、AM/FMチューナーも搭載されており、ラジオ番組をCD-R/RWに録音することもできる。
本体正面には、本格的なバスレフ型スピーカーが搭載されており、定格出力3.5W+3.5Wのアンプにより豊かなステレオサウンドを奏でてくれるのだ。
本製品には、PCと接続可能なUSBポートが用意されており、付属のPCソフトウェア「MusiCut plus for TEAC」を使用することで、アナログレコードやカセットテープ、AM/FMラジオの音声をPCに録音することもできるようになる。
本体サイズは、W470mm×H230mm×D390mmで、重量は約11kgだ。なお、価格はオープンとなっている。
Editor's eyes
アナログレコードやカセットテープなどの音源を音楽用CD-R/RWにダビングすることで、現行のオーディオシステムやカーオーディオで手軽に再生することができる。また、長期保存にも強いCD-Rを使用すれば、大切なコレクションを安心して保管することができるのである。
▼外部リンク
ティアック株式会社
詳細ページ