1. ホーム
  2. ニュース
  3. TERAの今後の展開やハンゲームの新しい挑戦『G CLOUD』について聞いてきた。~雨音的TGS2011取材記~
日刊テラフォーニュース

TERAの今後の展開やハンゲームの新しい挑戦『G CLOUD』について聞いてきた。~雨音的TGS2011取材記~

2011年09月15日 23時00分 日刊テラフォー


(画像:TGS2011会場にて)
実際にドラゴンネストが展示されていた『G CLOUD』とは

ハンゲームが発表した新しいクラウドサービス『G CLOUD』はゲーム自体をインストールする手間を省き、パソコンのスペックに依存せず快適にオンラインゲームを遊ぶ事が出来るサービスです。

会場では『ドラゴンネスト』をタブレット端末の実機で展示していました。




現在は2011年10月に発売するドコモ端末でのサービス開始が決定しており、スタッフさんにお願いして実際にプレイさせていただきました。思った以上に快適に動作したという印象でしたが、タブレット端末の操作性、反応が鍵を握ると感じました。

今後はパソコンやタブレット端末だけでなく、iPhoneやAndroidといった携帯端末でも利用できるように開発していくそうです。
気になるTERAの今後の展開は!? 潮田Pにちょっと聞いてみた。

TERAブース内を様子が気になるのかウロウロしている潮田P(TERA総合プロデューサー)を発見しました。
雨音 「こんにちは! はじめまして、雨音と申します。」
潮田P「はじめまして、潮田と申します。」
雨音 「昨日のTERAアップデートお疲れ様でした、よければ少し質問させていただけませんか?」
潮田P「いいですよ!どうぞ!」
雨音 「さっそくですがユーザーの目はもう次のアップデートに向いてると思うのですが、その辺りはどうなんでしょう??」
潮田P「10月に戦場と政治を実装するアップデートを行う予定ですが、まだ具体的な日程は・・・」
雨音 「ではその更に先は・・・?」
潮田P「まだはっきりとは言えませんね、開発との話し合いもありますし。」
雨音 「まったくの未定状態という事のようですが、潮田Pとしてはいつぐらいを目標にしていますか?」
潮田P「もちろんすぐにでも!!と言いたいですが、出来るだけ早くしたいですね。」

TERAのアップデートは14日に行われたばかりとはいえ、次のアップデートに目が向いてしまうのがオンラインゲーマーの性というもの。
レベル上限開放や新マップ、新モンスターが待ち遠しいですね。

そしてTERAの看板娘と言えば「てらみさん」ですよね!もちろんTGS2011にも参加されていましたので、少しだけお話させていただきました。
ゲーム内で「てらみ」というプレイヤーがいるのですがと聞いてみたら「そうなんです! どのサーバーにもてらみがいて、てらみなのにてらみが使えないんです!」と可愛らしい答えをいただきました。

そんなてらみさんはプライベートでもTERAをやってるそうです。
【記事・雨音】