1. ホーム
  2. ニュース
  3. Apple「WWDC」6日から S.ジョブズCEO自ら音楽サービス「iCloud」発表
オトさがニュース

Apple「WWDC」6日から S.ジョブズCEO自ら音楽サービス「iCloud」発表

2011年06月06日 12時00分 オトさが

Steve Jobs CEOも登場!
Appleの毎年恒例の開発者向けイベントWWDC(Worldwide Developers Conference)が、6月6日〜10日に米サンフランシスコで開催されるが、これに先立ち、Appleは5月31日、その内容を発表した。
発表によれば、基調講演に現在病気療養中の最高経営責任者(CEO)Steve Jobs氏が登場し、Mac OS Xの最新版10.7(通称「Lion」)や、iPhoneiPadなどモバイル用のOS「iOS5」、さらに注目のクラウドサービス「iCloud」が披露されるという。
注目のiCloudは?
クラウド型の音楽サービスは米AmazonGoogleが先行しており、Appleがこれにどう対抗して来るかが注目されている。Appleはすでに、米ノースカロライナ州に10億ドルを投じたデータセンターを整備している。また、Warner Music Group(米)やSony Music Entertainment(米)、EMI Group(英)と契約を結んでおり、さらに、今週中にもUniversal Music Group(米、フランスのVivendi傘下)と契約が結ばれる模様で、このように個別のレーベルと契約する形はAmazonなどとは異なっている。
チケットは10時間でSOLD OUT
今回は、「iPhone5」の発表はないと見られるが、新しいモバイル用OS「iOS5」では、Twitter上に写真を一発アップロードできるようになるとの報道もある(米TechCrunch)。
なお、WWDCのチケットは3月28日に発売になったが、販売開始後わずか10時間で売り切れたという。
▼外部リンク
Apple Worldwide Developers Conference
http://developer.apple.com/wwdc/
COMPUTERWORLD.jp
アップルのジョブズCEOがMac OS X Lion、iOS 5およびiCloudを来週発表
ITmediaニュース
iOS 5に写真のTwitter投稿機能? 米報道
PRO NEWS
Apple、WWDC基調講演で「iOS 5」やクラウドサービス「iCloud」を発表予定