1. ホーム
  2. ニュース
  3. 南キャンしずちゃん、五輪代表“命懸け”で狙う!
スポットライトニュース

南キャンしずちゃん、五輪代表“命懸け”で狙う!

2011年05月10日 14時00分 スポットライト

9日、日本アマチュアボクシング連盟が、ロンドン五輪を見据えた女子強化合宿を前にした会見を開き、お笑いコンビ南海キャンディーズの“しずちゃん”こと山崎静代(32)が五輪代表への意気込みを語った。
(画像は、しずちゃん主演NHKドラマ「乙女のパンチ」より)
ボクシング歴4年“命懸けで頑張りたい”

ロンドン五輪から女子ボクシングが正式種目として採用され、フライ、ライト、ミドルの3階級で実施されることとなっている。
そして山崎はその国内での代表候補として絞り込んでいく女子強化合宿メンバーに選ばれ、来年5月に行われる世界選手権でベスト8に入ることができれば、自動的に五輪出場が決まるということだ。
会見で山崎は、「命懸けで頑張りたい」と意気込みを語り、また、「お笑いでは受け身の人間だけど、ボクシングで受け身はダメ。相手にしゃべらさずに殴りかかっていくというのを、まずは相方(山里亮太)で練習していきたい」と会場を沸かせていた。
山崎がボクシングを始めたのは「あしたのジョー」に憧れてのこと。競技歴はわずか4年。そんな彼女が強化選手に選考されだけでもすごいが、五輪代表も視野に入るまでとなったのはまさに彼女の努力、そして五輪代表への熱い情熱のたまものだろう。