1. ホーム
  2. ニュース
  3. 名将ベンゲルが一目ぼれ。驚異のスピード、宮市亮の100mタイムは?
おっとこまえだニュース

名将ベンゲルが一目ぼれ。驚異のスピード、宮市亮の100mタイムは?

2011年03月28日 20時00分 おっとこまえだ

オランダ一部リーグ、フェイエノールトで旋風を起こしている日本人サッカープレーヤー宮市亮。Jリーグでのプレー経験もない弱冠18歳の青年がヨーロッパの一流リーグで活躍できるその秘密とは?

100mを10秒84で駆け抜ける驚異のスピード

愛知県出身の宮市は、父親がトヨタ自動車野球部のヘッドコーチ、母親が高校時代に槍投げで全国8位というアスリート界のサラブレット。
サッカー選手としての才能は幼い頃よりすでに開花し、小学校3年生で愛知県トレセンに選ばれると、中学校に進学後は、2年生時にU-14日本代表に、3年生時にU-15日本代表に選出される。
中京大学付属中京高等学校では1年生からレギュラーとして活躍し、全国高等学校サッカー選手権大会では第88回、89回と連続して大会優秀選手に選ばれた。同時に、AFC U-16選手権や、FIFA U-17ワールドカップに出場し、国際経験も積んだ。
そして2010年8月に、宮市は運命的な出会いをする。イングランドプレミアリーグの名門アーセナルの練習に参加した際、スピードに乗ったドリブルと正確なフィニッシュを名将ベンゲルから高く評価され、5年という長期契約のオファーを受ける。同年12月に正式契約するが、日本でのプロ実績がない宮市は、英国での就労ビザ発行を受けられなかったため、11年の1月に小野伸二もかつて所属したオランダ1部リーグのフェイエノールトへレンタル移籍する。2月6日のフィテッセ戦で公式戦デビューを遂げると、2月12日のヘラクレス・アルメロ戦ではプロ初得点となる先制弾を記録した。
サイドでボールをキープしながら、シザーズフェイントから一瞬でディフェンダーを置き去りにするプレースタイルは、ポルトガル代表のC.ロナウドを彷彿とさせる。
未来の日本代表エースの最右翼から目がはなせない。

▼外部リンク
宮市亮のプロフィール
アーセナル 公式サイト(日本語版)