1. ホーム
  2. ニュース
  3. プロリンクが簡単・手軽なUSB型のリモートアクセスデバイスを発売
アラサーマンニュース

プロリンクが簡単・手軽なUSB型のリモートアクセスデバイスを発売

2010年05月19日 09時00分 アラサーマン


株式会社プロリンクと日本エヴィクサー株式会社は、手元のPCにUSBデバイスを挿し込むだけで、遠隔地にあるPCを操作することができるUSB型リモートコントロール『挿したらMyPC』を、2010年5月下旬から発売する。
難しい設定は不要!
『挿したらMyPC』は、パスワード認証機能付きUSBデバイスに、リモートコントロールソフトウェアが搭載された製品だ。特別なドライバなどをインストールする必要がなく、インターネットに接続可能なPCにUSBデバイスを接続して、パスワードを入力するだけで自宅や会社のPCをリモートコントロールすることができる。
セキュリティにも配慮されており、通信にはSOSEMANUKというストリーム暗号化技術とSSL暗号化により高い安全性を確保している。また、操作中は接続先のPCをブラックスクリーンにして画面の内容を隠すことも可能だ。
また、「Ctrl+Alt+Delete」による接続先PCのリセットや、「Windowsキー」など、特殊なキー操作にも対応している。接続元のPCと接続先のPCでファイルのやり取りができるのはもちろん、チャットや全画面表示など、さまざまな機能が用意されている。
製品には、リモートコントロールソフトウェアが搭載されたUSBデバイスおよび、1年間利用可能なライセンスが付属する。価格は、1ライセンスが9,800円(税込)で、2年目以降のライセンスは年間8,400円(税込)と月額利用料金の700円が必要となる。
Editor's eyes
本製品の用途に関しては、「シンクライアントの代替」や、「出張先からのデータ確認」、「リモート監視」など、ビジネス的な側面が多くなる。しかし、実家の父母のためにセッティングしたPCの操作説明を画面上で行えるなど、個人用途としても使えるシステムである。
▼外部リンク
株式会社プロリンク
日本エヴィクサー株式会社
詳細ページ