1. ホーム
  2. ニュース
  3. 「Opera」が各モバイルOSに対応したアプリストアを公開
日刊テラフォーニュース

「Opera」が各モバイルOSに対応したアプリストアを公開

2011年03月11日 13時00分 日刊テラフォー

Webブラウザで有名な「Opera Software」は「Opera Mobile Store」を日本を含めた200カ国以上の地域で3月8日から正式にサービスを開始した。
対応するOSは「Android」「BlackBerry」「Java」「Palm」「Symbian」「Windows Mobile」の6種類で、各対応端末からアクセスすると端末情報から適切な言語、OSを判断して商品を展開する。
扱っているアプリはお馴染の「Skype」や「メッセンジャー」等もあるが、「Opera Mobile Store Publisher Portal」というソフトウェアで開発した自作アプリも公開可能とのこと。

現時点では日本語には対応していないが、対応予定となっており、AppleStore、Androidマーケットに続く新たな選択肢、巨大マーケットとなるのか注目を集めています。
▼外部リンク
Opera Mobile Store
Opera Mobile Store Publisher Portal
Operaプレスリリース