1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】元恋人や上司の名前を「ゴキブリにつけませんか?」 バレンタインデーを前にカナダの動物園が珍企画を開催
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】元恋人や上司の名前を「ゴキブリにつけませんか?」 バレンタインデーを前にカナダの動物園が珍企画を開催

2023年01月24日 22時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】元恋人や上司の名前を「ゴキブリにつけませんか?」 バレンタインデーを前にカナダの動物園が珍企画を開催 「Name-a-Roach(ゴキブリに命名しよう)」という奇妙なバレンタインのキャンペーンが1月16日、カナダの「トロント動物園(Toronto Zoo)」と「トロント動物園野生生物保護団体(Toronto Zoo Wildlife Conservancy)」によってスタートした。 キャンペーンの趣旨は、動物園に最低25カナダドル(約2440円)の寄付をすれば、元恋人や上司、知人の名前をゴキブリにつけることができるというものだ。主催者によると予想以上の応募が殺到し、19日の時点で15,000カナダドル(約146万円)以上の寄付が集まったことから、19日をもってキャンペーンを終了することにした。 トロント動物園の寄付プログラムをコーディネートしているケルシー・ゴデルさん(Kelsey Godel)はカナダの日刊紙『The Toronto Star』の取材に応じ、次のように明かしている。 「バレンタインデーが、必ずしも全ての人にとって楽しいものというわけではありません。同じような募金活動をしているアメリカの動物園に刺激を受けました。」 またケルシーさんは、今回のキャンペーンについて「あなたの上司や元恋人、親戚など、あなたにとって煩わしい“虫の好かない”人の名前をゴキブリにつけることができます」と説明した。ただし攻撃的、憎悪的な言葉をゴキブリに命名することは禁止だという。 具体的なキャンペーンの内容は次の通りだ。まず寄付をしてゴキブリに命名した人には自分の名前とゴキブリの名前が入った電子証明書が発行される。また共有可能なデジタル写真と寄付に関する領収書がもらえるという。寄付金は、動物園の保護活動や絶滅危惧種の科学研究に使われる。なおゴキブリを見分けることは非常に難しいため、命名したゴキブリを見学することはできない。 ちなみに同様の企画は、アメリカのテキサス州にある動物園でも開催されたことがある。「サン・アントニオ動物園(San Antonio Zoo)」では2020年に命名したゴキブリやネズミを生贄として他の動物に食べさせるというイベントが、また「エルパソ動物園(El Paso Zoo)」でもミーアキャットの群れにゴキブリを与えるという企画が行われた。これらの催しは、各動物園のFacebookページでライブ配信されたそうだ。 なおトロント動物園では、「名前入り」のゴキブリを他の動物に食べさせることはしないという。 ケルシーさんは「ゴキブリは悪者扱いされていますが、熱帯雨林に生息し、森のゴミや動物の糞便の分解を助けています。他の多くの動物の餌となるなど、生態学的にも非常に重要な役割を果たしています」と述べた。 しかしながら、今回のキャンペーンに関しては、Twitterでは賛否両論のコメントがあがっている。「すごくいいアイデア」、「面白い取り組み」という声から、「動物園の安易な試みは、他人をいじめることにつながる」といった厳しいも意見も出ている。 画像は『Global News 2023年1月16日付「Toronto Zoo launches Valentine’s Day name-a-roach campaign」(Zou Zheng/Xinhua via ZUMA Wire)』『The Toronto Star 2023年1月16日付「Think your ex was a cockroach? Toronto Zoo’s new name-a-roach campaign will let you make it official」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 H.R.)