1. ホーム
  2. ニュース
  3. 安全地帯、デビュー40周年を迎えたアニバサリー・コンサートを、4日間開催!
オトさがニュース

安全地帯、デビュー40周年を迎えたアニバサリー・コンサートを、4日間開催!

2022年12月05日 18時00分 オトさが

1982年2月25日にファースト・シングル「萠黄色のスナップ」をリリース。今年で、デビュー40周年を迎えた安全地帯が、11月22日、23日、29日、30日の4日間、東京ガーデンシアターにてアニバーサリー・コンサートを開催した。
(画像はプレスリリースより)
オープニング曲は、「あの頃へ(1992)」。
ステージ上方には、「V」字状の大きなトラスが組まれている。「V」は、標識の安全地帯のマークであり、ローマ数字で「5」を意味する。デビュー以来40年、5人のメンバーで活動を続けてきた結束の証しだ。
スクリーンには、雪山が映し出され、スターダストのパーティクルが飛び交う。映像が春の景色に変わると、黒を基調としたモノトーンのコスチュームに身を包んだ安全地帯の4人がステージに現れ、襟の高い白いシャツに黒のロングコートを纏った玉置浩二が静かに歌い始める。
オープニング曲は、「あの頃へ(1992)」。続いて、安全地帯デビュー曲の「萠黄色のスナップ(1982)」に「碧い瞳のエリス(1985)」が演奏される。玉置のヴォーカルは、抑揚をセーブしながら、語りかけるように歌いじっくりと会場を温めていった。
この日演奏された楽曲は、「蒼いバラ」を除いて、デビューからのおよそ10年間に発表された楽曲ばかり。古参のファンにとっては、堪らない選曲だ。そして、本編最後に演奏したのは、「ひとりぼっちのエール(1993)」。
最後の『La La La...』のコーラスに入ると、観客が携帯電話のライトを点灯させ、左右にゆっくりと振る。場内至るところに点った光景は壮観。玉置も右腕を正面に掲げて応じ、感動的なエンディングとなった。