1. ホーム
  2. ニュース
  3. 凸版印刷、「TransBots(R)(トランスボッツ)」の実証実験を開始
びっくり満ニュース

凸版印刷、「TransBots(R)(トランスボッツ)」の実証実験を開始

2022年11月24日 16時00分 びっくり満

凸版印刷株式会社は、このたび、デジタルツイン・ソリューション「TransBots(R)(トランスボッツ)」の実証実験を行った。
(画像はプレスリリースより)
複数の異種ロボットを一元制御する「TransBots(R)」に、AIによる人物認識機能を追加
「TransBots(R)(トランスボッツ)」は、展示会場等の実空間と、それを再現したVR空間をリアルタイムに連動させ、複数の異なる種類のサービスロボットを一元管理・制御するもの。
今回の実証実験は、「TransBots(R)」の一機能として、複数台の走行するロボットを介して、事前に画像を登録した人物の認識を可能にするAIシステムに対して行った。
実験では、各所に散らばったロボットから送られてくる画像をクラウド上のAIエンジンで解析と集計を行い、人物認識機能を検証。
結果として種類の違う各ロボットのカメラ画像から人物認識を行い、クラウド上で一元的に確認することができた。
実証実験でわかったことは、ロボットが人物を認識するだけでなく、「TransBots(R)」上のロボットの現在位置と組み合わせて、人物の位置が特定可能だということ。
凸版印刷では、今後、「TransBots(R)」を始めとしたデジタルツインの実現をサポートするソリューションを、警備、顧客分析、誘導、案内、搬送、清掃など様々な分野に適用することを目指している。
ロボットによる彩り豊かな社会がもうそこまで来ている。

▼外部リンク
凸版印刷株式会社