1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【エンタがビタミン♪】<THE ALFEEインタビュー・前編>新曲は両極端な2曲推し! “ディスタンス”を「意識しましたね」
Techinsightニュース

【エンタがビタミン♪】<THE ALFEEインタビュー・前編>新曲は両極端な2曲推し! “ディスタンス”を「意識しましたね」

2022年10月07日 17時00分 Techinsight

【エンタがビタミン♪】<THE ALFEEインタビュー・前編>新曲は両極端な2曲推し! “ディスタンス”を「意識しましたね」 ■今回ダブルAサイドシングルにしたワケ ―新曲の『星空のCeremony』はハードロック、『Circle of Seasons』はアコースティックな楽曲ですね。2曲ともTHE ALFEEならではの良さがギュッと詰まっていますが、今回ダブルAサイドシングルにしたのは、どのような思いからですか? 高見沢俊彦:今回のように性格の全く違うものが出来上がると、どちらもアルフィーだから判断が難しいんですよ。だったらダブルAサイドシングルでいいのでは?…という案が浮かんで2曲推しにしちゃったんです。カップリングというとどうしても表題曲でないだけに一段下がったみたいな感じになってしまうのが、ちょっとかわいそうだなと思って…。 坂崎幸之助:昔で言うとB面だもんね。 高見沢:ハードなものとアコースティックなもの、ギターもエレキとアコースティックで全く違うものですが、対照的な2曲を同じバンドで表現するのは面白いんじゃないかなと思いました。 桜井賢:最初に聞いたときには「なんて両極端な楽曲なんだろう」と思いましたね(笑)。 坂崎:『Circle of Seasons』は、僕らの大元にあるサウンドやテクニックを取り入れていますが、シングルとしてこういうのは初めてかな。全編三声のコーラスなのでそこは新鮮な感じがしますよね。もう一曲の『星空のCeremony』は王道ですから。王道のラブソングでメロディアスなハードロックでアルフィーらしいと皆さんに思ってもらえると思います。 ■『星空のCeremony』はTHE ALFEEのひとつの真骨頂 ―ではまずその王道という『星空のCeremony』ですが、ズバリ聴きどころを教えてください。 高見沢:アルフィーのハードロック的な要素を持った曲で、桜井の艶のあるボーカルと僕らの真骨頂でもあるコーラスが印象的な楽曲でしょうね。 ―イントロからTHE ALFEEらしさ全開ですね。 高見沢:イントロは長いけど、それが僕らしさですからね(笑)。いつもステージを想定して作っていますが、これもコンサート映えする楽曲だと思いますよ。 ■『星空のディスタンス』を意識して ―実はタイトルを聞いて驚いたのですが、『星空のディスタンス』と同じ「星空の」という言葉が使われていますね。意識したのでしょうか? 高見沢:ほんのちょっと意識しました。コロナ禍において「ディスタンス」という言葉が(『星空のディスタンス』発売時の)’84年のときより世の中に浸透しましたからね。この2年間ツアーができませんでしたが、ディスタンス・ブームで結構テレビでこの曲を歌ってきましたから、あえて意識的に「星空の」というワードを入れた次第です。 ■遠距離恋愛を応援しているというメッセージも ―この2曲は内容でも共通点がありますね。 高見沢:遠距離恋愛ということで考えると、『星空のディスタンス』との共通点はたくさんあります。ただ(新曲が)’84年の曲と違うのは、この2年間は会いたくてもステイホームでしたから。県をまたいでの移動は自粛と言われていましたから、恋人同士には辛い時期だったんじゃないかなと僕は思うんです。新曲では(歌詞の内容は)別れるか別れないかちょっと曖昧なんですが、離れていても愛は残っているという部分では、たとえ別れたとしても、それぞれに新たな出会いや未来が待っているのではないかと思います。 坂崎:遠距離恋愛というのは経験したことがないもんね。ちょっと想像がなかなかつかないけど。 桜井:会社勤めの方などは転勤や異動があって、経験された方も結構いるんじゃないですか? 坂崎:このコロナ禍で会えなくて別れちゃった人も多いという話を聞くし、逆にこれを機に結婚したりね。恋愛事情がコロナ禍によってちょっと変わってきたのかなというのを感じましたね。 ■メインボーカルのレコーディングで秘訣は? ―ところでメインボーカルは最初から桜井さんと決めて作られたのですか? 高見沢:桜井の声の一番良いところが活かせるキーで作りました。桜井はいきなり高い音から歌い出した方がいいんですよね。 桜井:メロディーは上から下がってくる方が音程が難しいですよね。でもそこはプロデューサー(高見沢)の言う通りに。ときどきディレクターの考えを言われることがあるんですが、内心「高見沢がそうするとは思えない」と疑っていると案の定、あとで高見沢から「こういう感じじゃなくて」と言われて歌い直すことがあるので、なるべく高見沢からOKが出そうな歌い方にするようにしています(笑)。 ―そのあたりがお分かりになるのは、長年ご一緒にやられてきたからですね。 高見沢:あっふんの呼吸(あうんの呼吸)ですから。 坂崎:あっふんのね(笑)。 ■レコーディングが終わると祝杯? ―ところで桜井さんはメインボーカルのレコーディングが終わったときには、大好きなお酒で乾杯されるのでしょうか? 桜井:それはないですね(笑)。今はコンサートの打ち上げもないですし。 高見沢:何か終えた後のセレモニーは確かになくなりましたね。 ―てっきり祝杯をあげているかと思っておりました(笑)。高見沢さんや坂崎さんは何かを終えてご自分にご褒美をあげることはありますか? 桜井:高見沢はギターを買っちゃったりしますからね。ご褒美だらけですよ(笑)。 坂崎:終わるとホッとするだけですね。乾杯したり、自分にご褒美もないですね。自分にご褒美だと言い訳して買うときはありますけどね(笑)。 ■『Circle of Seasons』は自分たちの青春の音 ―ではもう一曲の『Circle of Seasons』ですが、こちらはどのような曲になりますか。 高見沢:アコースティックだけの楽曲でこんなにリズミックなのは初めてですね。全編アコギだけで全編3人のコーラスというのは初めてです。 ―多数の楽曲を発表されてきた中で、初めてというのはすごいですね。なんで今回はそのようにされたのですか? 高見沢:えー、そうしたかったからです(笑)。この曲で使ったDチューニングの音って自分たちの青春の音のひとつなんですよね。大学1年のときに好きだったアーティスト「CSN&Y(クロスビー、スティルス、ナッシュ&ヤング)」が、どうやってこの音を出しているのだろうと夢中でコピーしました。今回は坂崎が高いギターを持っているので、再現できるだろうという想定のもとに、こういうのをやってみたいなと思いました。 ■全編三声の楽曲は7曲目 ―先日坂崎さんのラジオ番組『K’s TRANSMISSION』(FM NACK5)で特集されていましたが、全編3人で歌っているのは6曲しかないそうですね。この曲が7曲目になるわけですが。 坂崎:三声をメインにやっている曲は結構あるんですけど、まるっきり頭からお尻までというのは意外と少なかったですね。それにこういうリズムで、完全にアコースティックとリズム隊だけで…というのは初めてなので面白いですね。 ■久しぶりにレコーディングでアコースティックギターを弾いた高見沢 ―昨年のインタビューでは、THE ALFEEのコーラスは“お家芸”だというお話がありましたが、するとこちらは最初から最後まで3人のコーラスで究極の一曲ですね。ところで高見沢さんはアコースティックギターをレコーディングで弾いたのは久しぶりだとお聞きしました。 高見沢:最後にいつレコーディングでアコギを弾いたのかな? (1980年発売シングルの)『無言劇』かな? これまでは俺が弾くよりも坂崎が弾いた方がいいに決まっているから坂崎に任せていたんですが、今回は自分でギターを買って弾いてみたら、意外といい音してたので「これ使えるな」と…。ただ、それだけのことですよ。 ―そのギターとはどのように出会ったのですか? 高見沢:レコーディング中に坂崎のギターを借りて弾いたら、すごく弾きやすくて。MartinのOOO(トリプルオー)というギターでちょっと小ぶりなんです。僕の持っているギターは大きいのばかりだったので、エレキギターを弾いている人間には扱いづらかったんですけど「あ、こういうギターもあるんだ」というのを今年になってやっと知ったんですよ。前からあったの? 坂崎:あったよ(笑)。(ボディの)厚さが全然違うので、70年代は女性が使っていることが多かったです。男が持つには小さくてかっこ悪いし…って感じでしたね。90年代のエリック・クラプトンのアルバム『Unplugged』から見直され始めたんですよ。 ―そうしますと、高見沢さんがアコースティックギターを弾いているという点でも貴重な一曲ですね。 高見沢:今回、坂崎がDチューニングで弾いていますが、僕が普通のコードで弾いているので、その差を右(チャンネル)と左で聞いてもらえると面白いと思います。 坂崎:リズムのとり方もちょっと違うんです。俺が左だね。 ■再びドラマ『記憶捜査』の主題歌に ―またこちらの曲はテレビ東京系の連続ドラマ『記憶捜査3~新宿東署事件ファイル~』の主題歌に起用されますね。前シリーズでは69枚目のシングル『Joker-眠らない街-』が主題歌でした。 桜井:前シリーズも全て拝見しました。刑事は足で稼ぐという概念を覆す新しい形の刑事ドラマで、現場に行かずに難事件を解決できるなんてすごいなと思っていました。もちろん今シリーズも楽しみにしてます。『Circle of Seasons』が、どのように使用していただけるかも楽しみですしね。 10月5日リリースのシングル『星空の Ceremony / Circle of Seasons』はCDジャケットとボーナストラックを変えて4形態。ボーナストラックは今年春の全国ツアーからのライブ音源で、『星空のディスタンス』が「限定盤C」に収録される。(後編へ続く) (TechinsightJapan編集部 取材・文:関原りあん)