1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達】ウィリアム皇太子、国葬後初の公務で悲しみを語る「感情が露わになりそうな瞬間があった」
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達】ウィリアム皇太子、国葬後初の公務で悲しみを語る「感情が露わになりそうな瞬間があった」

2022年09月23日 12時30分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達】ウィリアム皇太子、国葬後初の公務で悲しみを語る「感情が露わになりそうな瞬間があった」 現地時間22日、ウィリアム皇太子キャサリン皇太子妃が故エリザベス女王の国葬後初となる公務を行った。 夫妻はウィンザー・ギルドホールを訪問し、19日の国葬後にウィンザー城の聖ジョージ教会で営まれた、女王の埋葬礼拝の運営スタッフやボランティアと対面し、感謝の意を述べた。 ロンドンのウェストミンスター寺院での国葬後女王の棺は霊柩車でウィンザー城へと運ばれたが、当日は城のゲート前にあるロングウォークに多くの群衆が集まっていた。 そのため夫妻は、当日現場でバリアを設置したり、スピーカーでアナウンスを行うなどの作業を手伝ったスタッフやボランティアにも感謝の意を述べた。 英メディア『Daily Mail Online』によると、スタッフと対話したキャサリン皇太子妃が「子供達を送迎した際、バリアなどのインフラが道路沿いに並んでいるのを見ました」と言うと、物流を担当したスタッフが、「当日は、約11万人が集まりました」と答えたという。 するとウィリアム皇太子は、「僕達のせいで、みなさんの生活に支障をきたすのではと心配していたんです。だけど、街中の動きが止まることはなかったですね」と加えた。 この後、別のスタッフが「ここ数日は大変だったでしょう」と尋ねると、皇太子は「裏を返せば、多くの人々が気にかけてくれることは、どんな時でも心強いし、心の支えになるんです。実際、感情を露わにしてしまいそうな瞬間が、何度かありました。心で準備をしていても、追いつめられる時があるんですよ」と明かした。 皇太子は区の職員と対話した際、人々が女王に敬意を表して持って行くものについて、「ずっとコーギー犬だったけど、パディントンベアが加わりましたね」と冗談交じりで話したと、英『BBC』が伝えている。 女王が8日に崩御後、英国全土では10日間にわたり喪に服したが、王室メンバーは追悼儀式に参列するなど、毎日のように公の場に姿を現わしていた。 しかし19日の国葬後には、王室が7日間の喪中期間に入った。通常であれば、この間王室メンバーは公務を行わないことになっているが、今回は異例の登場となった。 バッキンガム宮殿によると、王室の喪中期間にも、エリザベス女王の国葬や関連儀式に関わった人々に感謝し、海外に派遣されている人々による国王と国家への奉仕を称えるために、少数の公式行事が行われる予定だという。 画像は『The Prince and Princess of Wales 2022年9月22日付Instagram「Thank you to all those who have worked so tirelessly to ensure that everyone visiting Windsor over the past two weeks has had a safe and positive experience.」』『The Royal Family Channel 2022年9月22日付Twitter「Kate and Will were back out in force today for the first time since the Queen’s Funeral on Monday.」』『Sky News 2022年9月22日付Twitter「The Prince and Princess of Wales are meeting volunteers and operation staff involved in the funeral and committal service for the Queen.」』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 寺前郁美)