1. ホーム
  2. ニュース
  3. コンビニエンスストア初、Amazonなど各種代金のお支払いが簡単、便利に、ノンストップで可能に~ウェルネットが展開するスマホバーコード決済「stanp」の取扱いを開始~
おごりまっせニュース

コンビニエンスストア初、Amazonなど各種代金のお支払いが簡単、便利に、ノンストップで可能に~ウェルネットが展開するスマホバーコード決済「stanp」の取扱いを開始~

2022年09月13日 08時00分 おごりまっせ

株式会社ファミリーマートは、ウェルネット株式会社が提供する、スマホバーコード決済(サービス名称:「stanp(スタンプ)」)を、コンビニエンスストアでは初めて、9月13日(火)より全国のファミリーマート約16,600店にて取扱いを開始する。
(画像はプレスリリースより)
コンビニエンスストア初!スマートフォンからレジ直行で、Amazonなど各種代金の支払いが可能に
従来、ファミリーマートでは、Amazonや高速バスなどの各種代金を支払いする際、お客のスマートフォンに表示される番号を、店舗に設置されているマルチコピー機で入力し、発券された申込券をレジに持参する必要があった。
このたび、店舗での各種代金の支払いをさらに簡単、便利にすべく、「stanp」の取扱いを開始した。
ウェルネット社の「マルチペイメントサービス」は、Amazonをはじめとする大手ECサイトなど約3,000社の決済で利用されており、9月13日(火)から順次「stanp」利用に移行していく予定。
「stanp」は、お客が、ウェルネットのオンライン決済サービス「マルチペイメントサービス」を利用し、各種代金の支払手段としてファミリーマートを選択した際に、お客のスマートフォンに表示されるバーコードを店頭レジで直接読み取ることにより、ノンストップでの支払いが可能になる。
マルチコピー機での番号入力が不要となるため、お客の利便性が向上し、同時にマルチコピー機操作などの問い合わせが減ることから、店舗スタッフの業務負荷軽減が期待される。
また、「stanp」は、店頭でバーコードを読み込んだ際に、ウェルネットに請求情報の照会と、その結果応答を実施したうえで決済するため、常に請求情報が最新の状態となり、二重払いリスクを防止できる双方向スマホバーコード決済だ。