1. ホーム
  2. ニュース
  3. ビルボードジャパン、小室哲哉初となるオーケストラ公演「billboard classics 小室哲哉 Premium Symphonic Concert 2022 -HISTORIA-」の開催を決定
オトさがニュース

ビルボードジャパン、小室哲哉初となるオーケストラ公演「billboard classics 小室哲哉 Premium Symphonic Concert 2022 -HISTORIA-」の開催を決定

2022年08月10日 09時00分 オトさが

ビルボードジャパン(株式会社阪神コンテンツリンク〔阪急阪神ホールディングスグループ〕)は、小室哲哉初となるオーケストラ公演「billboard classics 小室哲哉 Premium Symphonic Concert2022-HISTORIA-」の開催を決定した。
(画像はプレスリリースより)
稀代のヒットメーカー小室哲哉×ビルボードクラシックスヒット曲の数々を、フルオーケストラの荘厳な響きとともに!
1983年、宇都宮隆、木根尚登とTM NETWORKを結成し、1984年に「金曜日のライオン」でデビューした小室哲哉。同ユニットのリーダーとして、早くからその音楽的才能を開花させ、93年にはtrfを手がけたことがきっかけで、一気にプロデューサーとしてブレイク。
以後、日本の音楽業界に多大な功績を残し続け、昨年、TM NETWORKの6年振りの再起動と共に自身の音楽活動を再開。
2022年7月29日~9月4日まで開催中の TM NETWORK 約7年振りのリアルライブツアー「FANKS intelligence Days」にて、現在進行形のアレンジメントでオーディエンスを沸かせている。そんな小室哲哉が、音楽家として挑むフルオーケストラとの共演が、ビルボードクラシックスの舞台で実現する。
指揮・オーケストラ編曲を務めるのは、ピアニスト、指揮者、作編曲家として、アーティストへの楽曲提供や映画のサウンドトラックなど幅広く活動する藤原いくろう。
小室哲哉と同い年で、共通の音楽観をもつ藤原がポップスとクラシック音楽双方の魅力を巧みに引き出すオーケストレーションで聴衆を興奮の渦に包みこむ。管弦楽は、東京公演ではパシフィックフィルハーモニア東京が、西宮公演では京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラが務める。
◎公演情報
billboard classics 小室哲哉 Premium Symphonic Concert 2022 -HISTORIA-
【東京】11/27(日) 16:00 開場 17:00 開演 Bunkamuraオーチャードホール
【西宮】12/9(金) 17:30 開場 18:30 開演 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
出演:小室哲哉
指揮・編曲:藤原いくろう
管弦楽:パシフィックフィルハーモニア東京(東京)京都フィル・ビルボードクラシックスオーケストラ(西宮)
チケット:12,000円(税込・全席指定)
※未就学児入場不可
公演公式サイト: https://billboard-cc.com/classics/tetsuyakomuro2022/
●チケット販売スケジュール
小室哲哉オフィシャルFC「TETSUYA KOMURO STUDIO」GOLD会員先行(抽選) 8/5(金)22:00~8/16(火)23:59
小室哲哉オフィシャルFC「TETSUYA KOMURO STUDIO」GOLD&STANDARD会員先行(抽選) 8/18(木)15:00~8/28(日)23:59