1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【イタすぎるセレブ達】ブリトニー・スピアーズ、元夫の衝撃の主張に反論「心が痛むの一言」
Techinsightニュース

【イタすぎるセレブ達】ブリトニー・スピアーズ、元夫の衝撃の主張に反論「心が痛むの一言」

2022年08月08日 11時30分 Techinsight

【イタすぎるセレブ達】ブリトニー・スピアーズ、元夫の衝撃の主張に反論「心が痛むの一言」 英メディア『Daily Mail Online』が現地時間6日、ブリトニー・スピアーズの元夫ケヴィン・フェダーラインが10年近くの沈黙を破ったと報じ、今週英ITVニュースで放送されるインタビューの抜粋を伝えた。 ブリトニーとケヴィンは2004年に出会い、わずか数か月後の同年9月に結婚。ショーンさん(16)とジェイデンさん(15)という2人の息子をもうけるも2007年に離婚した。 ブリトニーは今年6月に俳優サム・アスガリと結婚式を挙げたが、今回のインタビューでケヴィンは「息子達は今のところ母親に会わないと決意した」と言い、「彼らが最後にブリトニーに会ってから数か月になる。息子達は彼女の結婚式にも行かないと決めたんだ」と主張したという。 ケヴィンはブリトニーとの離婚後に息子達の単独親権を認められ、再婚したヴィクトリア・プリンスさんや彼女との間にもうけた2人の娘とともに一緒に生活している。 ケヴィンはブリトニーが自身のInstagramでヌードの自撮り写真を投稿するなどここ数か月の行動に「不快感を覚えた」と言うも、息子達には「何でも話し合える仲だ」と説明した。 「彼らは今、ティーンエイジャーだ。セックスのこと、ドラッグのこと、ティーンエイジャーが経験するようなあらゆることを話し合うんだ。子供達にはできる限り家の中で間違いを犯してほしい。そうすれば、僕が彼らを守ることができるからね。」 この発言に対しブリトニーは現地時間7日、自身のInstagramで「元夫が私と子供達の関係を話し合うと決めたと聞いて、悲しくなりました」と述べ、このように綴った。 「みんなが知っているように、10代の少年を育てることは誰にとっても簡単じゃない。その理由が私のInstagramの投稿だというけど、それ以前の問題よ。私は彼らにすべてを捧げた。心が痛むの一言よ。」 ブリトニーの夫サムも自身のInstagramストーリーに声明文を投稿し「息子達はとても賢く、もうすぐ18歳になり、自分で決断できるようになる。そのうち15年以上もあまり働いていない父親をお手本にすることが『大変』だと気づくかもしれない」と記した。 画像1、3枚目は『Sam Asghari 2021年12月25日付Instagram「A very Merry Xmas」』『Britney Spears 2022年8月7日付Instagram』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 寺前郁美)