1. ホーム
  2. ニュース
  3. ワーケーションに特化した宿泊施設「函館ベイハウス」が、函館のベイエリアにオープン
パロパロニュース

ワーケーションに特化した宿泊施設「函館ベイハウス」が、函館のベイエリアにオープン

2022年07月01日 22時00分 パロパロ

アドベンチャーズ株式会社は、6月29日(水)、北海道函館市にワーケーションに特化した宿泊施設「函館ベイハウス」をオープンした。
(画像はプレスリリースより)
生活とリモートワークの設備を兼ね備えた、オフィス付き民泊
生活に必要な家具家電に加え、快適なリモートワークの設備を備えている。市電から徒歩30秒というアクセスの良好な一軒家で、主要な観光名所へも徒歩で行くことができる。長期滞在しながら、仕事と遊びを両立するのに最適だ。
コンセプトはオフィス付き民泊。ワーケーションや出張で函館を訪れる人が、ホテルとは別にシェアオフィスなどを借りる必要がないよう、オフィスと滞在場所が一体になった民泊施設を目指した。
宿泊施設とワークスペースを別に借りる場合、「費用が倍かかる」「他者とワークスペースを共有するので情報漏洩が心配」などのデメリットがあるが、同施設ではそうしたデメリットを解消した。
同施設は2フロアに分かれており、1階にキッチンとワークスペース、2階に寝室が2部屋あり、定員は6名。和室はゆったり6帖の広さで、団らん、会議など多用途に使える。ワークスペースのデスクは、ダイニングテーブルとしても使うことができる。ファミリー、研修、グループでの観光など様々な活用が期待できる。
■施設情報
名称: 函館ベイハウス
住所: 北海道函館市末広町21−2
予約: http://www.booking.com/Share-Gyc68M