1. ホーム
  2. ニュース
  3. 【海外発!Breaking News】継娘のパスポートで旅立った英男性、クロアチアの入国審査で初めてミスに気付く
Techinsightニュース

【海外発!Breaking News】継娘のパスポートで旅立った英男性、クロアチアの入国審査で初めてミスに気付く

2022年05月23日 21時00分 Techinsight

【海外発!Breaking News】継娘のパスポートで旅立った英男性、クロアチアの入国審査で初めてミスに気付く 英マンチェスター在住のデイビッド・チャドウィックさん(David Chadwick、57)は先月24日、妻アリソンさん(Alison、47)と共にクロアチアの首都ザグレブへ5日間の旅行へ出掛けた。夫妻はマンチェスター空港からライアンエアー(Ryanair)が運航する飛行機に乗り、ザグレブ国際空港に到着して入国審査のエリアへ向かった。 そこで入国審査官へ見せるためにパスポートを手にしたデイビッドさんは、それが自分のものではなく継娘であるキャサリンさん(Katherine、21)のものであることに気付いた。すっかり自分のパスポートだと思い込んでいたデイビッドさんは他に身分証明書となるものを持っていなかったため、クロアチアで国境警備員に身柄を拘束されてしまったのだ。 「クロアチアの警察官たちは本当に親切で間違いに気付いた私たちをすぐに帰国させてくれようとしたのですが、他の航空会社はパスポートを持たない私を搭乗させてくれなかったのです」とデイビッドさんは明かしており、旅程の5日間全てを拘束されたまま過ごすことになった。その間アリソンさんは1人でクロアチアに入国し予約していた民泊サービス「Airbnb」で過ごしていたが、宿泊先のオーナーはアリソンさんが1人で不安にならないように一緒にお酒を飲むなどして対応してくれたという。 この状況をどうにか打破できないかとデイビッドさんはライアンエアーに連絡を取ったが、返事が来ることはなかった。また外務省がデイビッドさんに代わってザグレブの警察に連絡を取り緊急入国用の書類を要請したが、デイビッドさんが入国できなければその書類を受け取ることはできなかった。 デイビッドさんは海外で1人きりにしてしまったアリソンさんと電話をしたが、2人とも突然離れ離れになった不安から感情的になり会話ができないほどになってしまったという。それから2人は5日間、毎日「WhatsApp」のボイスメッセージと写真でやり取りをして励まし合っていた。 そして5日後、予約していた飛行機に乗りイギリスに帰国した際の入国審査では、スマホに入っていたイギリスの運転免許証とパスポートの写真を提示することでデイビッドさんは無事に入国して帰宅することができた。のちにデイビッドさんは「ただただガッカリですし、同時に恥ずかしくもありましたね。私は間違った荷物を持ってきたりせず常に正しい書類を持ってくるような人間ですから、こんなことが起きたなんて信じられません。違うパスポートを持ってきてしまったので半分私の責任ですが、9.11以降に娘の顔写真と名前が載ったパスポートで飛行機に搭乗できるなんて思わないですよね」と誤ったパスポートで出国できてしまった事実に驚いていた。 またデイビッドさんは「今回クロアチアの警察官やAirbnbのオーナーが親切にしてくれたことでこの国の人々の温かさが分かり、絶対にまたクロアチアを訪れようと思っています。次回は自分のパスポートを持っているかちゃんと確かめますよ」とコメントを残した。 一方でライアンエアーの広報担当者は、この件について「今回のお客様は自身のパスポートをお持ちでなかったという理由で、クロアチア当局によって拘束されてしまいました。ご旅行の際には、お客様自身の責任において、正しく有効なパスポートをご用意ください。このたびは弊社の空港の取扱代理店が誤ってお客様の搭乗を許可してしまいましたが、このような間違いが再発しないようマンチェスターの取扱代理店と連携していきます」と述べている。 ちなみに過去には娘のパスポートでセキュリティチェックをすり抜けた母親が話題となり、多くの人がセキュリティの甘さに愕然としていた。 画像は『LADbile 2022年5月19日付「Dad Stuck In Croatia And Kept In Cell After Accidentally Using Daughter’s Passport」(Credit: SWNS)』のスクリーンショット (TechinsightJapan編集部 iruy)