1. ホーム
  2. ニュース
  3. Macやモバイルへの攻撃増加を懸念~マカフィーからの「5つのセキュリティアドバイス」
G-Rendaニュース

Macやモバイルへの攻撃増加を懸念~マカフィーからの「5つのセキュリティアドバイス」

2011年01月22日 12時00分 G-Renda

McAfee, Inc.(以下、マカフィー)は、「最新ガジェットを守る5つのセキュリティアドバイス」を2011年1月18日に発表した。
同アドバイスでは、まず、2011年は、アップル社製のプラットフォームをターゲットにしたマルウェアが増大する懸念が述べられている。また、Macを狙った脅威も増加しているため、Macユーザーは、Mac版のウイルス対策ソフトを導入することが推奨されている。
次に、2011年は、携帯電話やスマートフォン、タブレットPCをターゲットにする脅威がより活性化することが予測されており、パスワードやアカウント番号、クレジットカード情報など、個人情報や金融情報を携帯電話に保存することへの警鐘が鳴らされている。
また、「PlayStation(プレイステーション)3」、「Xbox(エックスボックス)360」といったインターネット対応ゲーム機や、「Google TV(グーグルテレビ)」などに代表される新たなインターネットTVプラットフォームについては、最新の脅威に狙われる可能性が高いため、インターネットに接続の際は注意が必要となることや、ゲームのオンライン対戦では、見知らぬ人とチャットすることで個人情報が流出することも注意しておくべき点として提言がなされている。
さらに、USBデバイスを使用する際の、情報の暗号化の重要性と、外付けハードディスクドライブへのセキュリティソフトの導入、パスワードの設定は、必須事項との忠告もある。
最後に、新しくPCを購入した際には、クラウドベースのウィルス対策、ファイアーウォール、スパイウェア対策、フィッシング対策、安全検索機能などが搭載されている有料ソフトが、標準的な機能しか持ち合わせていない無料のウイルス対策ソフトよりも、強く推奨されている。
マカフィーとは、米国カリフォルニア州サンタクララに本社を置く、セキュリティ・テクノロジ専業企業のこと。
コンピュータに関するソフトウェアであり、インターネットであり、内容を理解する手間を面倒くさがるひとは、概して性善説で考えるもので、自分はマニュアル通りで大丈夫だろう、提供する前に安全を確保しているだろうと、決めつけてしまう傾向が見受けられる。せめて、守りたいものは何か、今自分は何をやっているか。あくまでも、目の前の「仮想空間」に振り回されないように。
▼外部リンク
マカフィー株式会社
リリース