1. ホーム
  2. ニュース
  3. Dragon Ashの新曲「Tiny World」の配信ジャケットに、QPS研究所の高解像度SAR衛星画像が採用
オトさがニュース

Dragon Ashの新曲「Tiny World」の配信ジャケットに、QPS研究所の高解像度SAR衛星画像が採用

2022年04月19日 00時00分 オトさが

QPS研究所の衛星画像が、4月20日(水)より配信されるDragon Ashの新曲「Tiny World」の配信ジャケットデザインに採用された。
(画像はプレスリリースより)
今回の楽曲は、Dragon Ashの新曲「Tiny World」
選ばれたのは、QPS研究所の小型SAR(合成開口レーダー)衛星2号機「イザナミ」が取得した東京のビル群の衛星画像。
2021年5月に公表した国内最高精細・高解像度のSAR画像に、Dragon Ashメンバーが興味を持ったことから、この話が実現したという。今回の楽曲は、4月15日(金)から放送が始まったTBS系ドラマ「インビジブル」の主題歌に起用されている。
SARとは、地表面に斜めに電波を照射して、その反射を受信することで地表を観測するレーダーで、雲や噴煙を透過し、昼夜を問わずデータを取得することができる点が特長。
取得したデータを画像化すると、今回採用された画像のようにモノクロで立体的なものとなり、視覚的に地表の様子を知ることができる。
このデータは、災害対策をはじめ、効率的な経済活動のためにも役立てることができ、未来を大きく変える力を持っていると期待されている。
■Dragon Ash 新曲「Tiny World」4月20日(水)配信リリース
https://www.jvcmusic.co.jp/dragonash/25th/
■株式会社QPS研究所 公式HP
https://i-qps.net/